2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

入退出の自由

市場は効率的なのは、何かマジカルなことがそこで起こっているからではない。

効率的でない参加者がいる場合には、より効率的な者が参入して顧客を獲得し、その結果効率的でない参加者が退出せざるを得なくなる。その結果として、市場はより効率的な方向に向かう、という話だ。

入退出を妨げてしまうと、市場が本来持っている効率化機能が失われてしまう。

労働市場についても近いことが言える。雇用の流動性が異常に小さい社会では、社会全体の効率が著しく損なわれていると考えていいだろう(転職が少ない理由が、長期的な視野にたった合理的な行動であれば良いのだが)。

金銭的に、あるいは精神的に、労働の対価を得られないことが明らかである時に、その場で働き続けることは、個人にとっても、社会全体にとっても非効率だ。
[PR]
by knj79 | 2010-04-20 07:48 | 環境政策