2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

論理的にはここまで言える

昼間、カフェで論文を書いていたら、服用している親知らずの鎮痛剤のせいか、頭がフラフラになってしまった。グロッギーになっていたところで、妻と娘がやってきて気持ちいい天気のアルバニーの街を散歩をしながら帰ってきて、ひと眠りしたらずいぶんと頭がすっきりした。時間はないので体調はともあれやるしかない。

修士論文のドラフトを妻の友人で家族ぐるみでお世話になっている先生に読んでもらったら、英語だけでなく内容やロジックについてもかなりコメントをいただけけた。ありがたいことである。プリンストンの公共政策大学院で博士をとられて、環境コンサルとして国際的に活躍された先生だけあって中身もよくわかっていらっしゃる。ぼんやり書いた部分はかなり厳しいことも書かれていて、勉強になる。とともにちょっとへこむ。

論文を書いていると、論理的にはここまで言える、というところまで行きたいと思う。もちろん前提となる数字やモデルによって結論は変わってくるのだが、それはそれだ。僕はもとが理系だからかもしれないが、論理的に考えれば、誰がやろうが同じ結論が出てくるはずだ、と強く信じている。結果が人によって違ってくるとすれば、それは前提や計算式(モデル)が違うことが理由であって、それを明確にすればいいはずだと。

だから、今書いている論文も、あまり前職の主義主張とは関係ない。あるいは反しているかもしれない。自分としては、論理的にいうとこうなるはずだ、こういう考え方がモデルを組めばこうなります、といういたって中立的な気持ちで書いている。

卒業して、仕事を再開してからも、論理的にはここまでは言える、という確固としたものを持ちつづけたい。それが身も蓋もない話であったとしても、それを言い続ける義務というか責任があるのではないかと思うからだ。
[PR]
トラックバックURL : http://mppryugaku.exblog.jp/tb/11013566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by knj79 | 2010-04-26 16:06 | 環境政策 | Trackback | Comments(0)