2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

留学報告3 選択科目

留学報告1 GSPPのカリキュラムの概要

留学報告2 必修科目


2年目は全学からどのような選択科目(ただし大学院レベル)を履修してもよい。これは、一年目に汎用的な政策立案のフレームワークを身につけていれば、そこから専門化を図ることは容易であるが、その逆は難しいというGSPPの理念からくるものである。なお、このような考え方は、GSPPの卒業生にも広く支持されており、そのカリキュラムの有効性が立証されていると考えられる。

 選択科目の専門化の方向性としては、①政策分野(環境・エネルギー、医療、経済・金融等)に特化する方向と、②政策手法(計量分析、リサーチデザイン、費用対効果分析、交渉学等)を深化させる方向と、大きく二つに分けられる。①の政策分野に特化する場合には、ビジネススクールや工学部等の他学部の授業を活用することができる。バークレーの各学部は各種ランキングで全米トップ5に入るものがほとんどであるため、どのような分野でも質の高い教育を受けることができる。一方、②の政策手法についてはGSPPが充実した選択科目を提供している。私はエネルギー政策に特化した授業選択を行った。

 まず一年目に、GSPPとエネルギー資源グループ(ERG)の共同科目であり、バークレーで最も有名なエネルギーの授業である"Energy and Society"(秋学期4単位)を履修した。これは、私の指導教官でもあるDan Kammen教授が、化石燃料から原子力、再生可能エネルギーまで、技術、経済、政治、途上国開発の観点から網羅的に教える授業である。バークレーのエネルギー関連授業のいわば入り口となる授業であり、同校でエネルギー政策を学ぶ方全員におすすめしたい授業である。

 他学部では、ビジネススクールのEnergy and Environmental Market(Severen Borenstein教授。春学期3単位)とエネルギー資源グループのEnergy Economics(Richard Norgaard教授。春学期3単位)を受講した。これらの授業は共に、化石燃料と再生可能エネルギーと排出権、デリバティブのマーケットについて、歴史的背景も含めて、ミクロ経済学及びファイナンスの観点から分析するものであった。ビジネススクールの授業は、エネルギー企業というミクロの立場から、マーケットにおいてどのような戦略をとると利益を最大化できるかを学んだ。特に、シミュレーションゲームで産油国や電力会社の立場からマーケットを見る経験ができたことは、今後排出権取引市場等の制度設計を行う上で有効と感じた。一方、エネルギー・資源グループの授業では、よりマクロな視点、業界の歴史や経済学の思想が強調されていた。特に、様々なエネルギー経済モデルの仮定を明らかにし、エネルギー・資源問題を分析する際の経済学の限界を理解することができた。

 また、いわゆるグリーンイノベーションを促進する政策を学ぶため、GSPPのMargaret Taylor教授の"Environment and Technology from Policy and Business Perspective"(秋学期4単位)を受講するとともに、同教授を指導教官として、我が国の再生可能エネルギー政策をイノベーションと経済学の理論から分析するIndependent Study(秋学期3単位。個人指導により論文を執筆するもの)を受講した。

このほか、Lee Friedman教授の経済学のゼミ(Microeconomic Organization and Policy Analysis。秋学期3単位)を受講した。これは政策立案に特に有効な情報の経済学、産業組織論、行動経済学、イノベーションの経済学等について、週に4本の論文を輪読しつつ、それらの理論を用いて各人の興味のある政策課題を分析し、一学期間かけて論文を執筆するというものであった。私は、カリフォルニアの現行の再生可能エネルギー政策(特にRPSと固定価格買取制)を分析し、リバースオークションの導入による経済効率及びイノベーション促進効果の向上を提案した。

 世界屈指の総合大学であるバークレーでは、極めて面白い授業があらゆる分野で揃っており、学びたいことが学べないということはまずないだろう。逆にほとんどの人は、面白そうな授業が多すぎて、授業選択に悩むことになる。

留学報告4 プロジェクト(IPA)、サマーインターン、修士論文(APA)



[PR]
トラックバックURL : http://mppryugaku.exblog.jp/tb/11705875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by knj79 | 2010-08-08 18:21 | 公共政策大学院(GSPP) | Trackback | Comments(0)