2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

「政策立案の技法」 ロバート・B・ライシュ教授からの推薦文

出版が決まってすぐ「政策立案の技法」の帯と推薦文をロバート・ライシュ先生にお願いしたところ、即答で引き受けてくださいました。

----------------

推薦の辞

「政策分析の8ステップ」と名づけられたユージン・バーダックの画期的な方法論は、驚くほど明瞭で簡潔な政策立案の指針を与えてくれる。

その強力なロジックはアメリカ合衆国において多大な影響を与え、多くの政策立案者に活用されてきた。

私は、日本の政策立案者にとっても、また、公共政策をよりよいものにする方法を知りたいと願う日本人にとっても、この方法論は大いに役立つものと確信している。

カリフォルニア大学バークレー校 ゴールドマン公共政策大学院教授
元アメリカ合衆国労働長官

ロバート・B・ライシュ

----------------

米国ではテレビに出まくる有名人ですが、話すとすごくきさく。
今年の元旦の朝日新聞でインタビューが出ていました。
日本の未来を考える方には、彼の著作(「暴走する資本主義」など)や記事は必ず刺激を受けるところがあると思います。
[PR]
トラックバックURL : http://mppryugaku.exblog.jp/tb/17647008
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by knj79 | 2013-01-01 08:00 | 政策立案の技法 | Trackback | Comments(0)