2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

今の自分に足りない英語力

22歳ごろから7年間も、試行錯誤しながら英語をなんとか
身につけようとがんばってきた。
特に研究や仕事をしながらだったので、本業にさし障りの
ない範囲で休日や夜に練習してた。家で英語の小説を読んだり、テレビを
見たり。いわゆるテスト対策のような勉強はしてこなかった。

ちなみに24歳の時の日記を見ると、20代のうちに英語を
ネイティブレベルまであげると書いてある。
これは今でも変わらない目標だ。
期限まであと1年半くらいしかないけど、それまでに留学の
機会が巡ってきて本当によかった。
今まで英語を練習する時も、「こんなことより仕事(研究)のための
自己投資をしたほうがいいんじゃないかなあ」と、少し後ろめたい
ものを感じていたのは事実。
だから、留学準備も含めて、思いっきり英語を練習できるのは
うれしいのです。

さて、ここまで英語を練習してきて、それなりに英語を聞き、読み、
書けるようになってきた。英語のペーパーバックなら、学術的な
ものでもない限り、楽しみながら読めるようになってきたし、
CNNもそれなりに聞ける。
そういう状況で、今の自分に足りないものは二つある。
ひとつは、単語。もうひとつは話す力である。

今、CNNを聴きながらこれを書いているのだけど、話すのが早すぎて
聞こえないというのはあまりない。仕事で国際会議にでても、単語が
理解できればだいたいわかる。スピードが理解の壁になる段階では
なくなってきたのかなと思う。
正直言って、僕の単語力はしょぼい。TOEFLを受ける人なら誰でも
知っているという英単語3800でも、レベル2以上はあんまり覚えていない。
英語の文脈の中で、単語はそれなりに推測できる、という気持ちでこれまで
やってきた。
ただ、英語を使った仕事を、正確にスピードをもってやるには、単語を知らないのは
致命的だなあとずっと感じてきた。
あとは、単語を覚えれば、ネイティブ並みに聞き、読めるようになるのでは
ないかというのが僕の仮説だ。
GREのVerbalに向けて単語を覚えるのは、僕の英語力を伸ばす上で
いい機会だと思う。

2つめは、話す力。これは本当にひどい。昨日英語で40分発表をしたのだが、
アドリブで話すと仕事で使えるレベルではないことがわかった。
日本で英語を話す力をつけるのはとっても難しいので、来年7月に渡米したら、
とにかく話す力をつけることに全力を傾けようと思う。
日本語でも話すのは得意じゃないから、面白く話したりするのはまあ難しけど、
簡潔に、具体的に話すことはできるようになりたい。


これが今の僕の英語の課題だ。
[PR]
トラックバックURL : http://mppryugaku.exblog.jp/tb/6203675
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by knj79 | 2007-09-22 16:43 | 大学院出願 | Trackback | Comments(0)