2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

世界は今後どうなるか? ①

まず、食糧、水、化石燃料について。
われわれの生活の必需品だ。

もちろん、日本が全く手に入れられなくなることはないだろうが、
少なくとも次のことは間違いなく言えるだろう。

① 食糧、水、化石燃料等の世界的な需要の(大幅な)増加

② それに伴う価格の(大幅な)上昇

中国やインド等の経済成長、ライフスタイルの先進国化、
人口の増加がそれらの要因となる。

たとえば、昨日、NYの石油先物市場では1バレル90ドルを突破した。
ここ20年くらい、1バレル20円前後で推移してきたものが
4倍以上になっている。
今後は物価に転嫁されていくだろう。
投機による価格上昇で実態を踏まえていないという声は
2005年に史上はじめて60ドルを超えたころからあったが、
上昇トレンドはそれ以降も続いている。

今の世界の仕組みは、安価なエネルギー、資源、食糧が得られることを
前提としてできている。その前提が大きく揺らぐとき、世界は新たな
仕組みを作り上げることを迫られる。
[PR]
by knj79 | 2007-10-19 23:23 | 環境政策