2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

まずは書いてみる

仕事では当たり前のようにできていることが、
出願書類づくりではできていなかった。
反省。

書類は、まず書いてみて、所定の字数でどの程度の
情報が盛り込めるのかを最初に把握しないといけなかった
のだ。
そのうえで、さらに内容を絞り込むべきなのか、
あるいは情報をさらに収集すべきなのか、考える。
イメージでいうと、中身が3割くらいできたかな、
くらいで書き始めて、ちょうどいいのだ。

実際、どういう内容を書けばいいか悩みまくって、
締切が迫っていざ書き始めると、考えた内容が
盛り込めない。字数が足りない。
あるいは、書いてみて初めて論理構成に飛びが
みつかり、必要なデータが明らかになる。

そんなことはいままでも何度も経験したことなのに、
いまさら同じことをするなんて。
修士論文しかり、就職活動しかり。
こんなことなら早く書き出すべきだった。
とにかく今から書類を書きまくろう。
推敲の段階でまだまだ変えられるのだから。
[PR]
トラックバックURL : http://mppryugaku.exblog.jp/tb/6520451
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by knj79 | 2007-11-07 01:23 | 大学院出願 | Trackback | Comments(0)