2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

2つの国を選ぶ

アメリカの大学には、修士課程の2年間のうち、
1年間を他国のキャンパスで学ぶことができる
ものがある。

たとえば、コロンビア大学の行政学修士(MPA)
では、LSE(イギリス)やScience Po(フランス)
とジョイントディグリーをしているし、
ジョンズホプキンス大学の国際関係学修士では、
中国の南京やイギリスのボローニャにキャンパスを
持っている。

2年間で2つの国に住むのはとても魅力的だなあ。
落ち着いて生活できない可能性はあるし、英語以外に
中、仏、伊あたりの第2外国語を学ばないといけない。
英語も十分じゃないというのに。
でも国連やOECDに派遣されたら、フランス語や中国語
ができたほうがいい。

うーむ。悩むところだ。

あ、でも中国は空気があれだからな。。
[PR]
トラックバックURL : http://mppryugaku.exblog.jp/tb/6540522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by knj79 | 2007-11-10 15:41 | 大学院出願 | Trackback | Comments(0)