2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

自分の戦う場所はどこか ①

留学で見つけたいと考えていることは、
自分が主戦場として一生かけて取り組む
テーマです。
そしてその分野では、国内外の多くの組織から
必要とされるような人材になりたいと思っています。

異動の頻度が高い職場にいるおかげで、
新しい知識や経験、人脈が広がり、よいことも
多いと思います。
その一方で、環境政策立案や実施という仕事内容は
非常に高度な専門性や深い知識が必要とされる
時代となってきており、スピードを持って質の高い
アウトプットを出すには、政策立案能力に加えて
特定分野の深い専門性が必要になってきているのでは
ないかと感じます。

これは、スキルや知識という面だけではなく、その分野での
深く濃い人脈や経験を得るためにも重要でしょう。

現時点では、その専門分野は
・ 開発途上国への環境技術移転
・ 排出権取引等の経済的・金融的手法の環境政策への活用
・ ?

が候補です。
「?」というのは、こういった主戦場を3つ持ちたいと考えているため、
いまは考え中ということです。

授業や友人との議論、インターン等を通じて、
この2年間でしっかりと考えを深めていきたいと思います。
[PR]
トラックバックURL : http://mppryugaku.exblog.jp/tb/7916271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のだめ at 2008-05-17 14:39 x
「自分が主戦場として一生かけて取り組むテーマです。」ってかっこいいですね。自分の中にある問題意識がくっきり浮かび上がってくるチャンスにたくさん恵まれそうで、楽しみですね。
ただ一点気になったのが、その分野で活動している国内外の多くの組織ってどこまで人々の生活や現実を捉えられているんだろう、ということでした。もしこの繋がりが明らかではないのであれば、組織に必要とされる人材を目指すことがKnj79さんのやりたいことを実現することに必ずしも繋がらない可能性もあるんじゃないかと思ったことでした。Knj79さんのような人を欲しいと思う組織はたくさんあると思います。その中でも、どの組織で活躍したいか、という選択基準やKnj79さんのこだわりのポイントを、授業や友達やインターンを通して自分の中からゆっくりと発掘していくことも大事なような気がしました。
Commented by のだめ at 2008-05-17 14:45 x
そんなことはないと思いますが、専門知識をつけたからといって安心・安住することなく、学び続ける意欲と謙虚さと下向きさを、どんな専門知識を身につけたとしても持ち続けられる素朴で親しみのある大きな人になっていってくださいね!組織に必要にされる人材になるために専門知識をつけるのでいいのかな?と思ったので、コメントさせていただきました。
時代の流れをむしろこっちからしかけていけるような「人材」になっていけそうですね!応援しています。
Commented by knj79 at 2008-05-17 16:16
>のだめさん

コメントどうもありがとうございます。
そうですね。専門知識やスキルだけで、本当の問題が
解決できるわけではありません。
あるいは、組織に評価されることが、価値あることを
しているかどうかの基準にはなりません。
現場での問題解決が真になされていることを
常に心掛けたいと思います。
Commented by のだめ at 2008-05-17 23:44 x
読みにくいコメントにコメントくださりありがとうございました。
私もKnj79さんのようにすっきり簡潔にかけるようになること目指します!
by knj79 | 2008-05-17 00:47 | キャリア | Trackback | Comments(4)