2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

信念と政策

NYから友人とその家族が来てくれて、楽しい週末を過ごすことができた。
ヨセミテ公園への道すがら(車で4時間かかります)、
久しぶりにまじめなことからふまじめなことまで話して、
いろいろと考えることがあった。

政策を生業にすることには、大きな特徴がある。
単なる手段・手法の話を超えて話が煮詰まると、
政策立案者である一個人の価値観や世界観が否応なく問われる仕事だ。
当然のごとく、各人の価値観や世界観は異なり、
さらにいえば対立することが少なくない。

そこで効いてくるのが、どこまでそれを信じているか=信念の強さであり、
その信念を他者に共感させ、動かす力なのだろう。
(GSPPの必修授業である"Leadership and Social Change"は
 こういう力を向上させるためにあるんでしょうね)

機会平等を求めるか、結果平等を求めるか。
どこまで個人間の、世代間の、各国間の格差を許容するか。
少数の個人の犠牲は、集団のためにどこまで求められるのか。
あるいは倫理的に認められるのか。

こういった問題を考えるときの前提は、個人の価値観や世界観である。
もちろん意思決定は国民から信任を受けた政治家が行うのだけれど、
政策に携わる人間はみな、こういった価値観や信念に非常に意識的である
必要があると思う。

こうした信念が求められる仕事というのもそれほど多くないと思う。
もちろん、それは必要条件であって、十分条件では決してないのだけれども。
だからこそ政策に携わることは難しいけれどもエキサイティングで、やりがいがある。
多くの人が公的な仕事に引き寄せられるのはこういう点にあるんだろうな、
と思いました。

d0127680_462113.jpg

[PR]
by knj79 | 2008-08-30 04:01 | キャリア