2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

なんであんなに英語がうまいんだ?

英語で苦労する留学生は、北東アジア、東南アジアの学生だけである、
とはよく言われることですが、これまでの経験から、認めざるを得ません。

インド人、パキスタン人は本当に英語がうまい。
中南米の人たちもほとんど苦にしない。

よく、英語教育の問題といわれるけど、僕はそれを
疑っています。どう考えても、英語「を」教育する時間の
質・量の問題ではない。
どれだけ科目としての英語の時間を増やしても限界がある。
むしろ、ある学年から授業を英語で受ける
ようにしないとあそこまで英語が使いこなせるようにはならない。

インド人も、パキスタン人も、学校の公用語は英語。
つまり、授業や議論は英語で行われる。
もちろん、すべての学校ではなくて、たとえばパキスタンだと
私立の学校に限られる。
でも、いい教育を与えようとする親はみな私立の学校に
いかせる。

たとえば、日本で英語教育が議論されるときは、なぜか
生徒全員を対象にした英語教育の話になるけれど、
日本みたいに国内市場が大きな国で英語で仕事をする
必要に迫られる人は、たぶん5%未満だろう。
ただし、その5%の日本人くらいは、英語を何不自由なく
使いこなせることが最低限必要じゃないか。

そのルートを目指す学生には、高校から公用語は英語に
するべきだと思う。遅くとも大学からは。
理系なんて日本語で論文を書くことなんて事実上ないわけだし、
ビジネスでも行政でも、英語でやって特に問題はないはず。
(法学だけは日本語でないと意味がなくなると思うが。)

学生を留学をさせる手もあるけど、マクロでみると、それは
コストがかかりすぎると思う。
やっぱり学校内の公用語(Instruction Language)を
高校か大学から英語にするしかないんじゃないかな。

20才にして初めて海外旅行に行って、自分は英語を使えない
ことに気づいた。それから10年、自分なりの努力を続けて
来たけれど、英語を使いこなす道は、遠いです。

寮の上から見たサンフランシスコ湾の夕暮れ
d0127680_15393634.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://mppryugaku.exblog.jp/tb/8566336
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dash at 2008-09-07 00:26 x
久しぶりにHPを拝見しました。次々と新しい環境に適応していくknjさん、尊敬します。それから、勉強の楽しさが伝わってきます。
英語教育の意見は、うなずけました。以前、タイの友人に英語が流暢な理由を聞くと、大学から全授業が英語だったので慣れるようになったと言っていました。とにかく使うしかないかな・・
Commented by knj79 at 2008-09-07 08:49
コメントありがとうございます。
そんなに適応できてないです(笑)。
勉強は実は楽しいです。意外と政治学が面白いのにおどろいています。
語学はやっぱり使うしかないなと実感しました!楽しみながら使う時間を増やしていきたいと思っています。お互いがんばりましょう!
Commented by baya at 2008-09-07 14:34 x
おれも同じこと考えてた。で、難しいなって思うのは、日本の「平等」社会との兼ね合い。格差社会だなんだって言ったって、日本って、やっぱりまだまだ平等・均質な社会やん。一方で、印パキ、中南米、アフリカから来てる人らって、確かに英語は出来るけど、その国々のほんの一握りのエリートなんよね。エリート教育と「平等」教育のトレードオフが、ボトルネックかなって気がしています。このままじゃ、国民みな「平等」に、世界から取り残されていくだけやと思うけどね。。。
Commented by knj79 at 2008-09-07 15:27
おっしゃるとおりです。日本の公立学校の場合、学校間で差がつくことがタブーです。
ただ、英語で教えることでどれだけ教育コストが上がるかを計算し、全学校の何パーセントまでなら負担できるかを議論するのは、日本の将来に向けて重要なことではないかと思います。社会人になって留学させるより、費用対効果的には10倍以上安いような気がするんですけど、どうでしょうね?
とにかく、パキスタン人の英語がうますぎて、くやしいのです(泣)。あの制度を輸入したい!
Commented by ハリー家 at 2008-12-04 21:24 x
はじめまして

インドテロについてパキスタンの外相が綺麗な英語で話しているのを見て、グーグルで何気なく検索しているうちにこちらのブログに着きました。私どもはシンガポールに約10年滞在し、先頃帰国しました。首相の就任演説が本人の3ヶ国語(英語・マレー語・中国語)で行われる国ですが、国民の多くがそれを全て理解しますので、ようやく英語と日本語でバイリンガルなんていっている日本人は笑われますね。大変興味深い話題が多いので、また見に来ます。宜しくお願い致します。

ハリー家
Commented by knj79 at 2008-12-06 15:32
>ハリー家様
コメントどうもありがとうございます。ブログ拝見しました。ハリー君(さん?)かわいいですね!
シンガポールも学校は英語で教えていますよね。あちらは国の事情からやむをえずだったのでしょうが、国際会議でもかの国の方々はスマートに発言されていたことを覚えています。
これからもよろしくお願いします。
by knj79 | 2008-09-06 15:20 | 英語 | Trackback | Comments(6)