2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

定量的に政策を考える

(注)今回のエントリは、書きながら、「当り前のことなんだけどなあ」と思いましたが、考え方をまとめるという点で掲載させていただきました。当たり前すぎてすみません。

今週は、水曜日に統計、金曜日に経済学の中間試験がありました。ちょっと一息いれています。

うちの大学院では、最初の一年間は統計と経済学を必修で学びますが、これは政策オプションを立案し、検討する際に、定量的に分析することが不可欠であると考えられているからです。
2学期と4学期の政策分析でもこのようなスキルを使った政府機関等に対するコンサルティングを行うことが求められます(これも必修)。

このように、政策立案において定量的思考を求める思想(と呼んでもいいような気がします)がプログラムを支配しているのは、他の公共政策大学院と比較して、バークレーのGSPPの非常に大きな特徴だと思います。
(もちろん政治学やリーダーシップも必修になっており、組織を動かすという点をおろそかにしているわけではありません。)

なぜうちの大学院では定量的に政策(の必要性及び効果)を考えることを重視しているのでしょうか。

もちろん合理的な意思決定のために、コストベネフィット分析は不可欠です。ただ、コストベネフィットのロジックだけでは、「定量的に測れるものなんて限られているし、信頼性も低い」というロジックに勝てません。

それに加えて、見落とされているけれど重要な目的が、全体を見渡すことだと思います。

世にいろいろな公的な活動があるわけですが、そのそれぞれは当然必要だからやっているわけです。当然やって意味はある(はず)。でも、限られた予算で、マンパワーで、本当に今それを、その方法でやるべきなのか?という疑問に答えるためには、組織、国、アジア、先進国、世界、といった全体を見渡して優先順位をつけないといけません。まあ、当り前のことですが。

そしてまた重要なのは、われわれは、定性的に全体を見ることはできないということです。

人間の処理能力には限界があるので、ふつうは定性的に部分を見ることしかできません。それを足し合わせてもそれぞれの見方・考え方が違うので全体は見れません。(それぞれのアイデアをホチキスでとめただけの無意味なものになります)

その限界を超えるためには、様々な情報を切り落として、数字に落とし込むという抽象化をして、初めて全体を見ることができます。だから、本当に戦略を考えようとするなら、定量的に議論をするしかないはずなのです(が、この考え方は根付いていないと思う)。

ということで、定量的に状態(問題)を把握できるような仕組みを持っておくというのは、非常に重要だと思うのです。この意味で、GSPPのアプローチは非常に正しいと思いますし、ぜひ身につけたい考え方だと考えています。経済学や統計で学ぶ「スキル」が直接仕事で活かせるかどうかは正直言ってまだわかりません。しかし、定量的に物事を見よう、というマインドセットについては、少しずつ復活しつつあって、仕事に戻っても忘れてはならないな、と思うのでした。
[PR]
by knj79 | 2008-10-05 09:42 | 公共政策大学院(GSPP)