2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

第2回アメリカ大統領選討論会

先ほど、第2回大統領選のディベート(Presidential debate)が行われました。宿題もあるので、環境・エネルギーについてだけ、ご報告。

今回は場内の観客からの質問に答える形。その中で、環境問題、気候変動問題、緑の雇用(Green jobって言ってました。こういう単語、あるんだろうか?)の質問。

まずはマケイン候補。
・ 原子燃料サイクルを活用した原子力発電。日本やイギリス、フランスだってやっているクリーンなエネルギー利用。自分は原子力潜水艦に乗っていたからわかるが、原子力はクリーンだ!(ここはちょっと脱力)。雇用も数百万人創出。
・ ハイブリッド、水素などのクリーンな自動車。
・ ドリル・ベイビー・ド(略)

そしてオバマ候補。
・ 太陽、風力、地熱など代替エネルギー開発。
・ クリーンエネルギー産業は、過去数十年間のコンピュータ産業のように基幹産業になる。中国にも輸出できる。
・ 原子力はエネルギーポートフォリオの一つ。
・ (いつものロジックで)アメリカの石油生産は増えても焼け石に水。
  ←これ、今度のエントリでグラフを示してみます。ピークオイルの式で非常によく近似できます。

基本的には今までと同じ論調。

両者とも、雇用問題と結びつけて話したことが印象的。エネルギー危機は問題(Challenge)ではなく、機会(Opportunity)だ、というオバマ候補の言葉にも賛成。

さて、このディベートを受けてのCNNの世論調査では、圧倒的にオバマ候補が有利。もうオバマ候補で決まりでしょうか。
[PR]
トラックバックURL : http://mppryugaku.exblog.jp/tb/8733665
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by baya at 2008-10-08 14:29 x
率直に言って、今日のdebate、世論調査が示してるほどObamaが圧倒的だったと思う?? 俺はそうでもないんだけど…。まぁここまで来たら雰囲気の問題かね。もちろん、昨今の金融危機がObamaに有利に働いてるってのもあるけど、何気に、VPのdebateが決定的だったような気がしない…??(苦笑)
Commented by knj79 at 2008-10-08 14:38
同感です。雰囲気だと思います。宿題やりながらだったのでずっと見ていたわけではないですが、今日のマケイン(原潜に乗ってた件以外は)すごく良かったと思います。某VPのインタビュー、見ました?Youtubeで見られますが、かなり笑えます。
Commented by baya at 2008-10-08 14:50 x
CBSのやつ?いま見てみました。すごいね。やばい。笑えるけど、笑えない(笑)

インタビュアー「あなた、外交経験が豊富って言ってるけど、何やってきたの?」
ぺ 「え?アラスカって外国に挟まれてるんですけど」
イ 「それって・・・」
ペ 「もちろん、ロシアとカナダ」
イ 「は、はい・・・。それで?」
ペ 「それでってロシアは大した強国よ。」
イ 「で、なにか具体的な交渉とかされたんですか?」
ペ 「ロシアとアラスカとは、貿易が盛んに行われているわ。」
イ 「…」

だいたいこんな感じだよね。(正確ではないと思うけど。)
Commented by knj79 at 2008-10-08 14:58
それです!インタビュアーの「この人まじで大丈夫かな」という表情と、ぺ氏のとりつくろうとする言葉が・・・。
Commented by k at 2008-10-08 15:21 x
どうもここでははじめまして、バークレー在住の某院生です
私もあまり今日はオバマ氏が優勢だとは思えなかったですね。タウンミーティング方式はマケイン氏が得意とするところ、という事前報道どおり、彼の訥々と聴衆の愛国心?を煽っていく語り口は、非常に印象的でした。今日のオバマ氏は"aa--nd..."と間延びして言葉を探すシーンが多く、そのせいか内容も上滑りに聞こえて、頼りなく見えました。多人数向けの演説はあれだけうまいのに、意外でした。
もっとも、自分のリスニング能力は怪しいのでなんとも言えませんが
Commented by knj79 at 2008-10-09 12:27
>kさん
印象というのはわからないものですね。クラスメートと話していたら、絶対オバマだったよという意見でした。
by knj79 | 2008-10-08 14:06 | アメリカ大統領選2008 | Trackback | Comments(6)