2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

欲望とインセンティブ

先日のエントリに、かずさんからいただいたコメントに触発されて。

アメリカの授業(特に政治学の授業)や、アメリカの日常会話でとても印象的なのが、人間の欲望に基づく行動原理を「インセンティブ」という言葉である種肯定し、その上で戦略を立てようとすることです。

この考え方自体は、自分の世の中の見方ととてもよく一致していて、見ていてすっきりするところでもあります(個人的には欲望はコントロールできるけど、社会全体を設計するときには倫理に頼ってはいけないのではないか、とか)。アメリカの思想はPragmatismだといわれますが、現実的に人間はこういうものなのだから、良し悪しは別として(あるいは積極的に肯定し)それを前提としてインセンティブを与えて全体を動かそうということなんだと思います。

たとえば、政治学の授業では、「政治家は再選を求めるものである。国家のビジョンや効率性は行動原理の説明変数ではなく、彼らの再選を支える地元企業、組合、選挙民の利害をくみ取る装置である」という前提で、ではどのように働きかけるべきかを考えます(政治学の授業についてはいろいろ思うこともあるので、追って書きたいと思います)。
日本では、「利益誘導型政治」という言葉は悪いイメージがありますが(そしてアメリカもそうなんだと思いますが)、少なくとも政治学の授業では、それは事実としてある行動原理=欲望なのだから、それを前提としてインセンティブを与えて全体を動かしていく方法を考えるわけですね。
(そのためか、政治家はこうあるべき!というような話にならない。「政治家っていうのはこういうものだ」という論じ方をする)

日本でももちろん同じ考えは持って制度設計をすると思うのですが、欲望とか行動原理(たとえば「人間は自動車にのって自由を追求したいものだ」「便利な生活をしたいものだ」「お金を稼ぎたいものだ」など)に対して、「ほんとにそうか?」「そんなことでいいのか?」という疑念とか後ろめたさがあるように思うのです。
アメリカは、ほとんどの人にそういった後ろめたさが弱い(ない?)のではないか?というのが、現時点での仮説であります。

やや話がずれますが、アメリカほどではないかもしれませんが、ヨーロッパも同様の考え方をするんだろうな、と思った経験があります。環境教育のシンポジウムに出席すると、日本では「ライフスタイルはこうあるべき」というような、倫理に関する話が大きいのですが、アジア以外の会議(ヨーロッパ、アフリカ等)では、「人間は怠惰なんだから(!)、インセンティブを与えてライフスタイルを変えていくような仕掛けを作ろう」という話になるのです。なんというか、雰囲気も、前提も、全然違うのです。環境教育の会議なのにすごいなあ、と思った記憶があります。

ということで、欲望をエンジンとして、それにインセンティブを与えて社会を動かしていくのがアメリカの一面ではないだろうかと思ったのであります。
[PR]
トラックバックURL : http://mppryugaku.exblog.jp/tb/8739262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kazu at 2008-10-10 08:25 x
僕はかなり性悪説派なので、社会問題に対して理解を深めて自発的に協力してもらおうなんていう甘い考えで世の中は動かないと思っています。結局みんな自分の欲望を満たすように行動するんですよ。
社会のためにもなってなおかつ欲望が満たされるというのが一番現実的なアプローチで、企業戦略とCSRをいかに両立させるかでHBSのポーター教授が有名な論文書いてますよね。本当にこんなことができたらもう経済政策なんていらないんじゃないかとすら思います。
また、ほとんどの人が潜在的に「いい人」でありたいとか感謝されたいという「欲望」を持っているはずなので、たとえばCSRに取り組む企業に金を流しやすい投資市場環境ができれば、こういった活動がどんどんドライブされていくと思います。
これって簡単なことじゃないけどすごく夢のある話ですよね。僕らのような公共政策屋さんが邪魔せずにこういう社会づくりに協力すべきだと思います。
一番関心がある話なので長々とすいませんでした。またビール片手に語り合いましょう。
Commented by baya at 2008-10-10 15:28 x
少し話がずれるかもしれませんが、僕は、人々の「自由」というものに対するスタンスからも、この問題は説明できるんじゃないかなと思っています。
最近の僕の仮説は、ある人が「自由」に対してどのくらいの価値を置くかは、その人が論理的・戦略的に決めるものではなく、むしろ、ほとんど先天的に、あるいは、せいぜい人格ができあがるまでに固まってしまうものなのではないか、というものです。
日本人って、なんだかんだいって、そんなに「自由」に価値を置いていない、というか、自分の自由を捧げるのにも他人の自由を奪うのにもあまり抵抗がない気がするんです。
僕は、先天的にか後天的にかは知りませんが、少なくとも既に固まりきった性格として、かなり自由が好きな人間だと思っています。なので、この国は、なんだかんだいって結構過ごしやすい(えいごを除く。)。ただ、社会全体として見たときに、「自由万歳」と言って、全肯定してしまうのが本当に良いことなのか、そこについては、迷いがあります。じこむじゅんしてますけど。
Commented by knj79 at 2008-10-10 17:30
>kazuさん
いつも教えていただきどうもありがとうございます!一般化しすぎるのはよくないかもしれませんが、日本は歴史を振り返っても現実を見据えず精神論でいこうとすることが多いです。kazuさんのおっしゃるとおり、企業や市民のふるまいの行動原理をうまく利用して、社会を動かすようにインセンティブを設計することに徹するべきなんでしょうね。
ビール楽しみにしてます!
Commented by knj79 at 2008-10-10 17:35
>bayaさん
僕も残念ながら自由が大好きです(笑)。確かにこの国は個人の自由を非常に重視するところだと感じます。村上春樹も銃と自動車は個人の自由を保証するものだから、アメリカからはなくならないだろう、とどこかでいっていました。この自由を重視するという点は、多分に文化的なものだと思います。
そして、皮肉なことに、環境や資源の制約が顕在化し始めたこれからの10年、20年は、アメリカの自由を重視する文化とは相いれないものなので、一番適応に苦労する国なのではないかと考えています。
by knj79 | 2008-10-09 15:57 | 環境政策 | Trackback | Comments(4)