2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

化石燃料はなくなるか?

授業で指定された論文を読んだ限りでは、「今の品質の」石油はもう半分は使ってしまったけど、化石燃料はどうもまだなくなりそうにない、ということでした。
(余談ですが、アメリカの石油はこれまでに埋蔵量の85%くらい使ってしまったことを宿題で計算しました。)

化石燃料の価格が上がれば、その分掘削・精製にお金をかけることができるので、いままで使っていなかった粗悪な化石燃料(タールサンド、重油、オイルシェル)も使うようになります。実際、今まで硫黄分が多くてとても使えなかったタールサンドは、今、どんどん石油の代替として生産されています。また、これらは炭素分が多いので二酸化炭素排出量が石油・天然ガスよりもはるかに大きいという特徴もあります。

ということで、化石資源が枯渇する!というのは確かに正確な記述ではなくて、
・ 化石燃料はあるけど高くなる
・ 二酸化炭素が相当たくさんでる(結果温暖化が問題になる)
ということなのだと思います。
[PR]
by knj79 | 2008-10-19 15:26 | 環境政策