2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

Obama to be the next president オバマ大統領誕生へ

さて、大統領選当日。バークレーではいくつかの場所で、大画面とピザとビールを備えた会場が用意されている。僕はまずGSPP(自分の大学院)のに参加。

GSPPではスクリーンを3つ用意し、6時からCNNとMSNBCの中継。みんな宿題をしながら、ピザをつまみながら、雑談しながら、思い思いにスクリーンを見つめる。留学生組はなんとなく固まって、どっちの候補の方が自分の国にとっていいのかね?なんて話す。日本人だけでなく、どの国の留学生にとっても、この国の大統領選は、想像を絶していたと思う。フランス人のA君、「フランスの大統領選はシンプルで短いよ。アメリカのは長すぎるし、金をかけすぎる」。韓国人のW君、「韓国の2002年の大統領選は結構こんな感じだった。でも、スケールはずっと小さいよ。」。パキスタン人のU君、「オバマさんの地元のシカゴの集会、ロックコンサートにしか見えない。」。

d0127680_1317882.jpg
d0127680_13171749.jpg


ところで、GSPPでは、政治学の授業の前に、全員の政治観調査というのをやらされる。で、集計して、公開される。公共政策の大学院に入るくらいだから、共和党支持者はいない。学生も、教授も、スタッフも、一人残らず民主党支持という結果だった。どんな学校だ。政治学のElwood先生も、「なんとか生徒の多様性を確保しようと思ってるんだけどねえ・・・」となかばあきらめ。

だから、オバマさんが票を獲得すると、拍手と歓声。先ほどの話に戻ると、チリのEくんやペルーのJくんは、「マケインは南米を重視してくれるから、マケインがいいけど、この雰囲気の中では「マ」といっただけで消されるね」。韓国人のW君と、「民主党は貿易では保護主義だから韓国と日本には厳しいよね」なんてことを一般論として話していたら、いつもは陽気なアメリカ人のT君が眉をひそめてこちらを見ている。恐ろしい。

そして。

Wow.

西海岸時間、8時。
オバマ大統領に当確が出ました。

クラスメートは、フワーオ!(いい擬音が思いつかないけど、アメリカ人が
よくやるやつ)と絶叫し、
Congratulations, man!とハイタッチ。

遅くなってきたのでそのあと寮に移動。寮でもみんなで開票結果を見る大広間がある。数百人がオバマ新大統領の勝利演説を待つ。結構じらす。登場しない。で、満を持してオバマさんが登場すると、ウォーっという歓声。そして演説。気持ちを前向きにさせる演説。アメリカ人がまいってしまうのもうなづける。

留学してからこっち、クラスメートを見てずっと感じてきたことがあった。公共政策大学院という、公のものごとに興味を持つ若い人たちがあつまる特殊な場所だからかもしれないが、彼らの何人かは本当にオバマ氏に心酔している。
でも、この現象はうちのような大学院に限らず、アメリカ中で起こったことなのではないか、とも思う。ヒラリー、マケインという強敵を2度にわたって破ることができたのは、草の根の選挙運動だといわれているからだ。クラスメートが必死でオバマを大統領にするためにメールをし、電話をかけ、集会に出かけていくのを目の当たりにし、このような若者が数千人、数万人と活躍しているんだと思った。驚き以外の何物でもなかった。

ここまで多くの人たちが政治家に心酔する、ということは日本人である自分にはにわかに理解しがたい。この熱狂は、ロックスターでも、スポーツ選手でも、ハリウッドスターに向けられているものでもない。一政治家に向けられているのだ。政治は、カタルシスとは程遠い、泥臭い仕事がほとんどだと思う。新大統領は、この熱狂と、泥臭い仕事を、どう折り合いをつけるのか。正直、非常に興味がある。

本当にいろいろなことを考えさせる、本当にすごい盛り上がりだったんです。毎回こんななのかな?そんなわけないよなあ。

d0127680_15123447.jpg


町では、車のクラクションを鳴らす音が聞こえる。フランス人のA君(さっきのとは別のA君)が、「ワールドカップの時がこんな感じだったな。」。うん。日本が2002年のワールドカップでロシアに勝った時の渋谷がこんな感じだったよ。日本の皆さん、2002年の6月のあの日のことを思い出していただけると、だいたいイメージがつかめると思います。

バークレーでの大統領選当日はそんな感じでした。なかなか得がたい経験だった。
[PR]
トラックバックURL : http://mppryugaku.exblog.jp/tb/8875107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by knj79 | 2008-11-05 13:17 | アメリカ大統領選2008 | Trackback | Comments(0)