2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

NY->DC->Berkeley

先週は"DCトリップ"という1年生にとってはインターン探し、2年生にとっては就職活動のための学校の行事があり、火曜日から金曜日まで授業がありませんでした。

僕は月曜日の授業終了後NYへ飛び、それから日曜の午後にバークレーに戻ってくるまで、NY、DCでたくさんの方にお会いしました。貴重な時間を割いていただき、お世話をしていただき、お会いした方々には感謝の言葉もありません。

学校の行事としては、木曜日と金曜日に世界銀行、IMF、ブルックリングス研究所、米国連邦政府等の機関(国務省など)への訪問のほか、木曜の夜にはDCに勤務する卒業生を招いたレセプションがあり、そこでも活発なネットワーキングがおこなわれました。
DCエリアは、ベイエリアに次ぐGSPPの卒業生の勤務地であり、たとえば米国環境保護庁(EPA)の気候変動課長がGSPPの卒業生であったり、非常に頼もしく感じました。

この旅行を通じて強烈に考えさせられたことがあります。が、思うことが多すぎてうまくまとめられないので、また追って書きたいと思います。

お世話になった皆様、本当にどうもありがとうございました。

d0127680_123117.jpg

下の写真はbayaさんのブログより拝借させていただきました。
[PR]
トラックバックURL : http://mppryugaku.exblog.jp/tb/8939037
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by knj79 | 2008-11-18 12:22 | 公共政策大学院(GSPP) | Trackback | Comments(0)