2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

カリフォルニア州選出議員、両院の気候変動関連委員長を抑える

先日、こんな投稿をしましたが、
アメリカ議会の潮目は変わるか?

ミシガン州選出のDingell氏を破り、ついにカリフォルニア州選出のWaxman氏が下院エネルギー商業委員会の委員長に選出されました。これは歴史的なことといっていいんじゃないでしょうか。
時間がたって忘れないうちに簡単にご紹介。

Waxman win boosts state's clout in Congress

マニアックな話になってしまうのですが、このミシガン州のDingell議員というのは、相当な大物議員でして(記事でも"legendary"と書かれていますね)、環境関連法案も積極的に提案するなどの功績もありつつ、ミシガン選出であることから自動車業界を保護してアメリカの自動車産業が嫌がる燃費規制の改正をことごとくつぶしてきたという論評もあります。

アメリカの議会は「委員会中心主義」と呼ばれ、実質的な法案審議は本会議でなく委員会で行われます。なかでも委員長の権限は大きく、かつSeniority Ruleで長年委員長を務めてきたデトロイト寄り(というか守護神的)のDingell氏から、環境派でカリフォルニア選出のWaxman氏に委員長の職が移ることのインパクトは非常に大きいと言えるでしょう。

また、上院の環境公共事業委員会の委員長はカリフォルニア州選出のBoxer議員。カリフォルニアはこれまでワシントンに環境規制の強化を拒まれ続けてきた経緯があるだけに、オバマ氏の大統領選出、上院・下院の民主党過半数奪取に加え、この委員長選挙を追い風に、州レベル&連邦レベルでの環境政策の強化に取り組む体制が出来上がったといえそうです。

うーん、おもしろくなってきました。
[PR]
by knj79 | 2008-11-29 16:31 | 環境政策