2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

物理学者が政府高官になることについて

ようやく一つ期末試験が終わったので一息ついて、記事をご紹介。

"Green Dream Team"

と呼ばれる、オバマ政権の環境担当チームの陣容がうまくまとめられた記事です。

Obama's 'green dream team' is warmly received

昨日お伝えしたChu先生を除き、全員がEPAのベテランたちです。

この中でやはりChu先生は異質な感じがしますが、このことは何を意味しているのでしょうか。ノーベル賞受賞者がアメリカ政府の高官になる初めての例なのに、科学技術や教育の担当大臣ではなく、エネルギー省の長官なのです。

これは、アメリカはエネルギー問題を技術のイノベーションで解決するのだ、というオバマ次期大統領の意思表明なのだと思います。

それは裏を返せば、(環境を専門とするものとしては言いにくいことではありますが)よく非難されるアメリカンライフスタイルの見直し「ではなく」という意思表示、とも言えます。

再生可能エネルギー、次世代自動車、バッテリー、スマートグリッド。どれも、科学技術面で何重ものブレイクスルーが求められるものばかり。Chu先生には、エネルギー問題への解決のために、世界トップのアメリカの科学技術力を陣頭指揮することが求められているのでしょう。

なお、アメリカにおけるエネルギー関係のR&D関係予算は、官民ともにオイルショック後ここ30年間減少し続けています(日本はこの30年間で大幅増)。落ち込んだアメリカのエネルギー関係のR&Dをこのチームがどう盛り返せるか、注目していきたいです。
[PR]
by knj79 | 2008-12-13 14:10 | 環境政策