2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

専門家の説明責任

根本的にアメリカと日本で違うなあと思った話。そして、日本の致命的な欠陥かなと思った話。

大学院の授業(特に経済学関係)で、口をすっぱくして言われるのが、「○○(たとえば経済学・ファイナンス)の知識が全くない政治家、メディアに向けて、彼らにわかる言葉で説明し、納得させ、彼らを動かせ」ということ。

必ずと言っていいほど、どの授業でも言われます。

つまり、専門家が政策を考えたら、政策をcommunicate, persuadeできるかどうかの責任は、聞き手ではなく、話し手、書き手の専門家側にあるということですね。

僕はこのことに全面的に賛成で、知識が爆発的に増えている現代における専門家の最も重要な責務の一つだと思っています。

東大の小宮山先生(総長)が昔からよく言っている「知識の構造化」という概念はおそらく同じ問題意識から発しています。その問題意識とは、「20世紀以降知識が爆発的に増えて、一人ひとりの人間が処理できる総量をはるかに超えている。各人は問題解決のためにディシプリンの中で知識を深堀せざるをえず(これはドラッカーさんも同じことを言っています)、一人の専門家がその他の分野の詳細を理解することは現実的に不可能。他方、環境問題など人類が直面する問題は異なる分野の知識(理学、工学、法学、経済学、社会学etc)を必要とする。そのため、それぞれの専門家が自分の分野について、知識を持たない他の専門家にわかるように説明し、異分野の専門家同士が協働することが絶対的に必要になってくる。」ということだと思います。

そして、専門家がこのきわめて重要な責務について認識していないことが(あるいは認識していても十分にできていないことが)、日本が分野横断的な問題に対して大きなビジョンを描けない理由の一つだと思います。要は、自分の分野以外の専門家と協働するのを妨げているんじゃないかと。そして、グリーンニューディールや気候変動みたいな経済、社会、環境を横断する総合的な問題に関する日本の戦略を考える上で、この欠点は致命的なのではないかと不安になります。

政治家やジャーナリストが経済学や科学技術の初歩を知らない、確かに情報の送り手としては「もっと勉強してほしい」と思うかもしれない。でも、彼らには彼らの分野があって、それを彼らに理解してもらえていないことの責任は、経済学や政策や科学技術の専門家の側が伝えられていないことに帰すると考えるべきなんじゃないだろうか。フラストレーションがたまるとしても、です。

最近読んだ日本語で書かれた文章で、「わからないやつが悪い。こんなことも知らないのか」という論調が多いので、「それってちょっと違うんじゃないの?」と思って思わずつれづれと書いてしまいました。

この「伝える」ということに関しては、やっぱりアメリカはたいしたもんです。
[PR]
トラックバックURL : http://mppryugaku.exblog.jp/tb/9266761
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by masa at 2009-01-29 22:03 x
はじめまして
いつもブログを拝見させて頂いています。
今回の記事とても興味が湧いたのでコメントさせて頂きました。最近はいろんな学問の融合みたいなものが多いですが、結局はそれぞれの専門家が、それぞれのことだけやっていて知識の共有は上手くいっていない気がします。私がこんなこと言える立場ではないのですが、「伝える」ということをこれからはしっかりしていきたいなと思います。

これからもブログ楽しみにしています
Commented by baya at 2009-01-30 02:36 x
直接的にはまったくagreeなんですが、自己反省をこめていうと、日本の場合、「官」が幅を利かせすぎていて、アカデミックの自由な発達を妨げてきた(自由があるとしたら、それは純粋な「象牙の塔」の中だけであって、アカデミックが現実世界へのコミットメントを企てた瞬間に、「官」から暗黙の枠をはめられてきた)という側面があるんじゃないかと思います。ちょろっと自分のブログにも書きましたが、青木昌彦さんの本を読んだときに、そんなことを考えました。
ニワトリが先か卵が先か、はたまたヒヨコが最初か、みたいな話ですが、①話のできる学者、②自由な政策論争のフィールドを提供できる懐の深い役人、③そうは言ってももうちょっとは頭のいい政治家 の3つが同時に現れてこないといけない気がします。どっから攻めるのが一番早いんだろ…。(根本の部分で足りていないのは、国民の責任感、という気もしますが。)
Commented by baya at 2009-01-30 04:14 x
言い忘れましたが、日本の場合、官僚の経済学レベルも低すぎますよね。そもそも、説明できる状態にない。。。 これも自戒を込めつつ。
Commented by cruasan at 2009-01-30 06:37 x
はじめまして、いつも楽しく読まして頂いています。
「自分の言いたい事を誰にでも分かるように伝える」という事は案外難しいんですよね。
職業柄、色んな分野の人と協働する事が多いのですが、自分が「画期的ですさまじく面白い発明だ!」とか思っても、
その分野の事を全く知らない人にとっては、この上なくつまらない話だったりする事、往々です。
最近ようやく僕もそういう事が見えてきて、何とかしてコミュニケーション能力を磨こうともがいている今日この頃です。
これからも更新楽しみにしています!
Commented by Atlanta IT-B at 2009-01-30 11:33 x
こんにちは。ぼくはアメリカの大学って行ったことがないのですが、授業の中でそんなことを教えるなんてすばらしいですね。
日本とアメリカを比較して、日本ではなぜアメリカのような政策シンクタンクが育たないのだろうと思うことがあるのですが、案外その秘密は、シンクタンク所属の研究員のプレゼンテーション能力にあるのかもしれませんね。
アメリカにたくさんあるNPOも、自分たちの活動の意義をスポンサーに説明しないと寄付金が入ってこないですもんね。予算要求をすれば補助金が入ってくる日本の公益法人とは厳しさがちがうというか。
こういうところは、日本はアメリカに学ぶところがまだまだありそうですね。

Commented by knj79 at 2009-01-31 08:47
>masa様
はじめまして。コメントどうもありがとうございます!
公共政策も問題解決型の学問なので、学際的な分野に切り込んでいくところなのでなかなか苦労も多いようです。
masaさんのおっしゃることを、まさに安井先生(元国連大副学長)も環境学についておっしゃっていました。学融合はいろんな人がいる学部を作ればいいのではなくて、結局専門家同士が協働して初めてそれらしいものができうるというような話でした。
これからもどうぞよろしくお願いします!
Commented by knj79 at 2009-01-31 08:57
>bayaさん
結局一年目は経済学ばっかり勉強することになりました。アメリカではあらゆる政策関係の学問の基礎として使われているので、経済学を一定程度理解できないと政策の言葉がしゃべれないのといっしょですよね。
アカデミアと社会との関係は、政策系シンクタンクの成長は、二大政党の政権交代が頻繁になって、ポリティカルアポインティーが増加したらようやく始まるのかなと思っています。
Commented by baya at 2009-01-31 12:15 x
政策系シンクタンクについては、僕も同じように考えていますが、ただ、最近、日本に本当の二大政党が根付くことはあるんだろうか…という気がしています。詳しくは、またそのうち、自分のブログに書きます。
Commented by knj79 at 2009-02-01 02:46
> cruasanさん
はじめまして!ブログ読ませていただきました。日本人が海外で活躍するのはいろいろな壁があるなあと感じながら学んでいるので、尊敬します。これからも読ませていただきます!
おっしゃるとおり、こちらが(あるいはあちらが)すごく重要だと思っていることが、相手方には全く重要だと思われないことをうまく説得するのはすごく難しいですよね。最低限、自分の分野を相手の言葉で話すということが必要かと思っています。
これからもよろしくお願いします!
Commented by knj79 at 2009-02-01 03:47
> Atlanta IT-Bさん
おっしゃるとおり、NGOのプレゼン能力もすさまじいものがあります。ただ、それはトレーニングの賜物であって、うちの大学院の授業には、「財団に補助金を申請するときに提出するリサーチプランの書類の書き方」を習うものがありました。プラクティカルなアメリカらしいですよね。
by knj79 | 2009-01-29 17:50 | 公共政策大学院(GSPP) | Trackback | Comments(10)