2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

グループプロジェクト① カリフォルニアのHeavy Oil採掘プロジェクトの評価

今学期はIPA(政策分析入門)とエネルギー経済学の2つでグループプロジェクトがあり、両方とも第一希望のグループにアサインされました。Yay!

運よく両方ともエネルギー・気候変動関係のプロジェクトです。

ひとつめは、エネルギー経済学のプロジェクトで、カリフォルニアのHeavy Oil(Heavy Crude Oilともいう。下記参照)採掘のプロジェクトを経済採算性、法・政治的なフィージビリティ、技術的な側面から評価をするというもの。

もうちょっと書くと、

1)カリフォルニアのHeavy Oil生産の現状及び今後の生産拡大のポテンシャル
2)今後のHeavy Oil採掘の技術的な課題
3)Heavy Oilの輸送の課題
4)採掘・輸送の環境上の課題
5)採掘・輸送コストと、ガソリン価格の上下を考慮に入れたプロジェクトの経済採算性・ファイナンス
6)現状、今後の法的・政治的な課題

を評価するというもの。6人がアサインされているので、一人一つを主に担当することになりそうです。エンジニアリングの学生が多いので、僕はおそらく5)か6)かな。

プロジェクトの進捗はまた追って!

Heavy Oilについて
[PR]
トラックバックURL : http://mppryugaku.exblog.jp/tb/9269314
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by LION at 2009-01-30 20:34 x
knj79さん、こんばんは。
難しそうな、でも興味深い課題ですね。
ひとつ気になったことがあったのでコメントします。
地下や海底下から採掘するのは重油(heavy oil)ではなく原油(crude oil)です。原油を製油所に輸送し、その後精製をしてナフサ、ガソリン、灯油、軽油、重油、アスファルトなどに沸点の差を利用して分離します。
以上ご参考まで。
Commented by knj79 at 2009-01-31 00:36
> LION様

ご指摘どうもありがとうございます!英語の"Heavy Oil"をそのまま直訳してしまいましたが、確かに日本語で重油というとRefinery後の製品のことを指してしまいますよね。ここのプロジェクトで取り扱う"Heavy Oil"は、
http://www.slb.com/content/services/solutions/reservoir/heavy_oil.asp
粘度が高く開発が進んでいないOilのことを指します。本文もHeavy Oil(Heavy Crude Oil)に修正しますね(日本語だとどう訳せばよいのかわかりませんが・・・)。

またいろいろと教えてください!
Commented by LION at 2009-01-31 09:28 x
knj79さん

ここでいうheavy oilは「highly viscous oils」とありますから重質原油のことだと思います。粘性が高くてなかなか地中から取り出しにくいので、熱や二酸化炭素を加えたりして生産します。カナダのオイルサンドや、ベネズエラのオリノコタールが有名ですね。
Commented by knj79 at 2009-02-01 03:50
> LION様
なるほど。重質原油というのですね。おっしゃるとおり、スチームを吹き込んで粘度を落としてから取りだすのが一般的らしいのですが、そのエネルギー消費量とコストを含めてもプロジェクトとして成り立つか(特にいわゆるConventional oilの価格が昨夏のように上昇した際)というのが今回のプロジェクトの肝のようです。
これからもよろしくお願いします!
by knj79 | 2009-01-30 06:57 | 公共政策大学院(GSPP) | Trackback | Comments(4)