2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

MPA(Mater of Public Administration)とMPP(Master of Public Policy)はどう違うか?

春学期の授業を受けて、ようやくGSPPのカリキュラムの全体像が分かってきました。

やはり、この修士課程(MPP)は非常にユニークで、40年の経験をもとにうまく組み立てられたプログラムだと思います。

ということで、今まで書こうと思ってうまく書けなかった、バークレーのMPPの特徴についてこれからお伝えしていけたらと思います。

まだ比較的新しい学問なので難しいですが、思いつくままにつれづれと書いていくことにします。

まず、公共政策大学院は大きく二種類に分かれます(と、無理を承知で言い切ってみます)。お互いのオーバーラップはあるのですが、その理由は追って記します。

一方は政治学中心の大学院。こちらはMaster of Public Administration(MPA)の学位を与えることが多いです。

もう一方は経済学中心の大学院。こちらはMaster of Public Policy(MPP)の学位を与えることが多いです。

どちらが古いかというと、前者の方が50年くらい古く、1900年代ごろから生まれました。国会や官僚組織、選挙などの民間セクターと異なる特質をもつシステムをどのように機能的に運営、マネジメントするかを追求する分野。ケネディスクール(ハーバード)やマックスウェルスクール(シラキュース)などがこちらの類型に当たると思います。

他方、バークレーが属する後者の誕生はいちがいにいうことは難しいかと思います(バークレーのGSPPが生まれたのは1969年でした)が、1960年代後半といわれています。ミクロ経済学や統計学をベースに、効果的で実行可能な政策を作り出す政策立案者を育成する大学院といえると思います。

"During the late 1960s, educators nationwide recognized the need for a new kind of public leadership and a new type of graduate education, fostering the vision, knowledge, and practical skills to empower
a new generation of policy makers. GSPP, founded at the University of California, Berkeley in 1969, was one of the nation’s first graduate programs of its kind. Today it is ranked among the very top policy
programs in the country and is recognized nationally and internationally as a source of incomparably qualified professionals in the field." (バークレー2009年パンフより)

バークレーのGSPPは、この分野ではパイオニアと言われており、現在受けているIPAの授業も、教授と学生が一緒になって、相当苦労して作り上げられたとのこと。ここで生まれたメソッドは、GSPPの卒業生たちが教授になって、他の大学院にも広がっているようです。

GSPPのパンフレットはPublic ManagementとPublic Policyの違いを以下のように説明しています。

"How do public policy and public administration programs differ?
Public administration, developed in the early 1900s, is a special field of study within the academic discipline of political science. It emphasizes the structure and operation of bureaucracies and organizations, including budgeting, personnel, and formal and informal internal controls. Some public administration programs include study of the special management
skills required in governmental (as distinct from private) organizations.
Public policy is a newer field, developed in the late 1960s, whose theories and methods draw upon a variety of disciplines, such as economics,
political science, statistics, and other social sciences. Its central
focus is on the environment, substance, and effects of policies. Within that context, bureaucracies and organizations are examined as major sites for policy formulation, advocacy and implementation.
Both public policy and public administration programs are relevant to the broad profession known generally as public management or public affairs."

長くなりそうなので今日はこの辺で。
[PR]
トラックバックURL : http://mppryugaku.exblog.jp/tb/9279787
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by baya at 2009-02-02 00:18 x
Syracuse Univ. Maxwell生のbayaです。これまで意識したことなかったけど、たしかに言われてみればそうなのかも。選択科目まで視野に入れれば、結局は、本人がどういう勉強をしたいかによってくる気はしますが、最初の学期(夏学期)の全員必修授業が、"Public Budgeting"と"Public Administration & Democracy"ってのは、まさにPublic Administration的なカリキュラム構成なんだろうね。
Commented by knj79 at 2009-02-02 13:56
バークレーのMPPの必修は経済学8単位、計量経済系8単位、政策分析4単位ですから、やっぱりMaxwellのようなMPAとは大きく違うと感じます。入ってみてようやく実感しました。
by knj79 | 2009-02-01 17:38 | 公共政策大学院(GSPP) | Trackback | Comments(2)