2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

社会科学を学んでみて思ったこと

経済学と政治学(Political Science)をこっちにきて初めて本格的に学び、

ああ、やっぱり社会科学も科学なんだ、自然科学と目指すところは同じなんだな

と安心したのでした。
(仕事で法律学を学びましたが、あれは統制の学なので科学ではないし)

では、科学とは何かというと、僕の好きな定義は、

1.仮説を立て、
2.その仮説を検証し、
3.その仮説が適応できる範囲において、その仮説は正しいとすることが科学的な態度。
4.そして、その検証された仮説の体系が科学である。

というもの。
これは、大学2年の時に量子化学を教えていただいた北沢先生(現科学技術振興機構理事長)が授業でおっしゃったことの要約で、僕の記憶が正確かどうかはちょっとわかりません。その当時はこれを聞いて深くうなずいたし、とても明確な定義で、僕の世の中の見方をクリアにしてくれたように思います。

話はずれますが、こういう本質的なことを授業でさらっと学べるのが、大学のいいところではありますよね。

さて、社会科学もこの原則からは全然離れていなくて、それぞれのモデル(=仮説)を作って、検証し(ここが社会科学の場合は難しいんですが)、生き残った物を体系化していると。
社会学でも、文化人類学でも、おそらく構造は同じだと思います。

もうひとつ、今でも有用だなと思う概念として、

・ 物事が説明できる範囲において、モデル(仮説)は単純であればあるほどよい

というものがあります。仮説は物事の本質をやさしく(できるだけシンプルに)説明するためにあるのだから、これもとても大切なことだと思います。
複雑に書けばいいというものではない。単純であればあるほどいい。これは自然科学、社会科学問わず同じですよね。

春学期になって、計量経済学(Econometrics)で2.の検証方法を学ぶことになり、経済学も同じなのねとほっとしたのでした。
[PR]
by knj79 | 2009-02-07 05:28 | 公共政策大学院(GSPP)