2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

カリフォルニア州は完全禁煙です

日本のニュースサイトを見たら、4月1日から首都圏のJRは全面禁煙となるとのこと。
タバコが苦手な自分としては大歓迎したいニュースだ。

カリフォルニアは住むには本当に最高のところなのだが、その理由の一つに、人が集まる場所は完全禁煙であることがある。つまり学校や病院などの公共施設、レストランやカフェ、バーなどが完全禁煙なのである。

日本だったら煙草のけむりが充満しているようなバーも禁煙というのは最初はかなり驚いた。どこにいっても煙草のけむりがない生活というのは、煙草の苦手なわれわれ夫婦にとっては、天国のようである。お子さんのいらっしゃるご家族はよりありがたいのではないか。ちなみに、タイも同様の法令を持っているので旅行がしやすかった。

我々夫婦が東京にいたとき、禁煙のレストランやカフェを探すことは本当に大変だった。完全禁煙を掲げるところは増えてきたのだが、分煙で煙が流れてきたりすることも多かった。神奈川県の松沢知事の禁煙条例案、飲食業界等の猛反対を受けて部分導入となったようだ。非常に期待していただけに残念だが、ともあれ松沢知事のイニシアティブと神奈川県庁の努力には、一市民として大きな拍手を送りたい。部分的な禁煙でも、大きな一歩であると思うからだ。

完全禁煙がどこかの都市で条例として成立したら、そこに引っ越したいと思っている人は少なからずいるはずだ。こういう日本中に散らばる声なき声をまとめて、政治学でいうところのCliant Politicsの構図に持っていくことが必要なのだろう。アメリカはそれがうまいのだ。

この完全禁煙の流れが広がってくれたらと願う。
[PR]
by knj79 | 2009-04-01 14:11 | ベイエリア