2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

カリフォルニア州の基礎情報

プロジェクト形式の授業の方が、普通の授業より格段に読む量が増える。こっちの方がやっぱり勉強になる。

SCEIPでソノマカウンティのエネルギー経済モデル(簡単なの)を作っていて、カリフォルニア州の情報も当然必要になったので一応記録。

カリフォルニアって、やっぱり州というより、国だな。

人口 3680万人(一位)
労働人口 1850万人(一位)
州内総生産 $1813ビリオン(約181兆円)(一位)
農業出荷額 $25.7ビリオン(一位)

エネルギー関係はこちら

California Energy Consumption Data Management System
[PR]
トラックバックURL : http://mppryugaku.exblog.jp/tb/9586117
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by baya at 2009-04-12 13:19 x
「プロジェクト形式の方が勉強になる」ってのは、バークレー故かもね。うちで、グループワークをやると、わけのわからん調整事務がやたら発生するので、僕も含め、日本人の間では、グループワークは総じて不人気。生徒間での知識量の差も大きいし、あと、意見が対立した時に垣間見えるmaturityの不十分さも、グループワークを非効率にしている気がします。うちが特別なのかなぁ・・。
Commented by knj79 at 2009-04-13 12:14
いや、どこもそんなに変わらないと思いますよ。
ただ、リーダーとして論文や本を与えられるより、主体的に情報を取りに行く方が頭に残るなあと思ったのです。
by knj79 | 2009-04-12 06:22 | ベイエリア | Trackback | Comments(2)