2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

面接

久しぶりに面接を受けた。結構な応募数の中から面接に呼ばれたのは一握りらしくて(しかもインターナショナルは僕一人のようだ)、ありがたいことだ。

2時にサンフランシスコのオフィスに行き、シニアアナリスト二人にその部門のトップ一人が入れ替わり立ち替わり入ってきて、結局一時間にわたっての面接。ながい・・・。こんなにインテンシブに面接することは予想していなかった。長時間、一対一で会話のキャッチボールを続けていると、頭がぼんやりとしてくる。最初は好調にまくしたてていたのだが、だんだん疲れてきて、最も重要なトップとの面談で少々息切れしたのが残念だった。まあ、よくもこんなインターナショナルの学生相手に時間を割いてくれたものである。感謝。

昨年のDCトリップで面接を受けた時にも思ったことだけど、こちらの面接っていうのは、まず「あなたは具体的に何をしてきて、結果として現時点で何ができるのか」を聞いてくる。それと「採用されたときにする仕事」がマッチしていないと論外だ。日本ではそこまで厳密には見ずに、入ってから一生懸命やればいいよ、というゆるさがあるが、GSPPキャリアオフィスの就職ワークショップやこれまでに受けた面接を見る限り、そんな悠長なことはいってられないからね、すぐ働いて結果を出してね、という感じだ。

そういう意味では、今回のレジュメ(履歴書)もカバーレターも、今回の業界用に書き下ろしたものではないので、もうちょっとフォーカスを絞って書けばよかったと反省。アメリカ企業の就職活動のまねごとをして勉強になった。

さて、勉強に戻ります。
[PR]
トラックバックURL : http://mppryugaku.exblog.jp/tb/9664786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by knj79 | 2009-04-30 15:09 | 公共政策大学院(GSPP) | Trackback | Comments(0)