2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

サマーインターン開始

春学期が終わり、今週から10週間のサマーインターンが幕を開けた。ほとんど息をつく暇もなく、緊張した日々が続いている。内容も、環境も、一緒に働くチームのメンバーたちも、超刺激的で面白く、やりがいがある。

当然のことながら仕事内容については書けないのだけど、働いている会社は、カリフォルニアの巨大エネルギー企業で、僕はそのなかで太陽電池関連の仕事をしている。単なるリサーチではなく、末端ではあるが、現在進行中の大きな意思決定にかかわる仕事をしているので、すごくスピード感があり、リアルで面白い。我々の仕事について、僕のスーバーバイザーが面白いことを言っていた。

Where the rubber hits the road.

タイヤが道路をけって車が走ることをイメージする慣用句なんだそうだ。実際の物事はここで動いているんだ、そして、責任を負うのもまさに我々だ、というという自負を強く感じる。

アメリカに来て、民間企業で、こんな経験ができるとは思わなかった。このポジションはGSPPのエネルギーに興味を持つ学生の中でもおそらく一番人気で、僕の友人もたくさん応募しており、しかも一人しか採用枠がなかった。だから、留学生の僕が選ばれたのは正直不思議で仕方がないし、運がよすぎると思う。この面接の直後いの一番に選んでくれたチームのメンバーに報いるためにも、そして、このポジションを希望していた多くの友人のためにも、ベストを尽くして貢献したいと思っている。
[PR]
by knj79 | 2009-05-31 17:25 | 環境政策