2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

記者の仕事の難しさ

インターンで必要に迫られて、再生可能エネルギー関係の政策、たとえばFeed in Tariffとか、RPSとか、Green Certificateについて、英語で検索する前にさっと最新の状況を抑えるべく、まず日本語のインターネットで検索した。Feed in Tariffなんかは日本語の新聞や雑誌の記事が結構ひっかかったので2時間ほど読んだのだが、怪しい内容のものか、うわっつらをなぞったものが多かった。エネルギーや環境政策をずっと追っているジャーナリストが書いたものは、ちゃんと書けている。

別に記者さんたちを批判をするつもりはなくて、人事の制度上、仕方ないんだろうなと思う。たとえば僕が、全く土地勘のない内容の講義なり、会議なりを聞いて、まともにノートがとれるだろうか。分かりやすく人に伝えるのはもっと難しい。まずお手上げだ。そこまでの状況ではないにせよ、彼らの仕事はそれに近いものがあると想像する。困難な仕事だ。

記者一人がカバーする領域はおそろしく広く、それに加えて、職場(分野)のローテーションさえあるのだ。内容や背景に精通している人が書いているわけがない(と考えた方が無難だ)。彼らが伝えるプロであるのは認めるが、内容を理解していないものを書くのは困難だ。そして、読者であるわれわれが、それを的確に理解するのはさらに難しい。

さらに、これはエネルギー政策や環境政策の分野で顕著なのだが、経済学の常識のもとで政策が作られているので、その前提を知らずにポイントをつかみ、記事を書くのは困難だというのも今回発見したこと。

政治学の授業のゲストスピーカーで来てもらったバークレーのジャーナリストスクールの教授は、経済学でPh.Dを取り、ニューヨークタイムズで経済政策を長年追った方だった。政策も複雑化している今日、それを伝える側も専門化をしないと難しいのだろうなと思う。

そして、こちらは専門家からのアプローチだが、できるだけ内容を分かりやすく伝えること。分かってもらえなくてもなんどでもブリーフすること。あとは字数制限のないブログを書くこと。専門家の書くブログは、素晴らしいものが多い。
[PR]
トラックバックURL : http://mppryugaku.exblog.jp/tb/9807423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by とむ at 2009-06-02 18:52 x
人事制度と雇用上の制約から、記者が専門を深める機会が無いというのはおっしゃるとおりかな、という印象があります。また、朝駆け・夜討ち、在野精神、市民の目線といった、美徳も、足を引っ張っているかもしれませんね。

日本の大学教育において、liberal arts 教育が軽視・解体されてきたことも影響しているかもしれません。現場主義・経験・人物重視という部分と、そこから一歩ひいた視点との適切なバランスが取れないと、やくざの鉄砲玉と大した差が無い職業人を育てることになっているようで心配ではあります・・・。
Commented by knj79 at 2009-06-07 13:23
>とむさん

こめんとありがとうございます。

朝駆け・・・等の現行のシステムもある程度有効なのだとは思いますが、それ「だけ」では読む側としても、書いてもらう側としても物足りないといわざるをえません。根本的な転換が必要な分野だと思っています。

アメリカ人の教授や友人からも、メディアの広告収入が壊滅的だと聞いており、日本もちょうど数年後にはアメリカと同じような状況(名門新聞社の倒産)が訪れるように思います。どのような解があるのかはわかりませんが、まずは購入したいと思うに足る紙面を作ってもらうことが重要かなと愚考します。
by knj79 | 2009-06-02 12:00 | その他 | Trackback | Comments(2)