2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

日本でもFIT(Feed-in Tariff:固定価格買い取り制度)が導入される?

年内にも導入がなされるという、太陽光発電による電力の買い取りに関する新制度。制度設計次第でroof top solarの導入がテコ入れされるだろう。

FIT(フィットと発音)が通常満たすとされる条件は以下の二点。

① Fixed price(固定価格)
② Must take(電力会社の購入義務付け)

およそFITと呼ばれる制度はこれらを外していない。①は、導入時に価格を決めてその価格で電力会社は購入を続けるというもの。投資をする側の視点に立つとRevenu streamが確定するわけだから、リスクなしの投資となる。では、燃料等の発電費用の変動に係るリスクは誰が負うのか、というと、電力会社となる。FITの支援者は、投資側のリスクが減じられる分、資本コストが減るという論を張るが、リスクは投資側から電力会社に移るだけで、そのリスクプレミアムを引いた買取契約額になるのでその論点は無効だ。

FITは、経済学的にみるとかなり問題のある制度なので、なんでもいいからとにかく導入しようという姿勢では成功させるのは難しい。そもそもが"Effective but Inefficient"(効果的であるが効率的でない)制度なので、どうせやるなら効率性は犠牲にしても、効果はきっちりと追うべきだと思う。では、どういう価格付けにすれば効果的な支援策になるか。簡単にいうとIRR(Internal Rate of Return)が6-8%くらいになるように買い取り価格を設定するということ。
[PR]
by knj79 | 2009-06-08 15:47 | 環境政策