2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

カテゴリ:アメリカ大統領選2008( 14 )

オバマ大統領誕生の日

アメリカ国民が待ち望んだ日がやってきました。メディアは、「新しい時代の幕開け」「歴史が変わる日」だと伝えてきました。ここ数日、テレビはこの話題で独占されていました。

オバマ大統領誕生の日。

昨日は Martin Luther King Jr. Day(キング牧師の誕生日)という祝日で、オバマ大統領の誕生は、キング牧師の"I have a dream"演説と重ねて報道されてきました。「キング牧師のいう"I have a dream, one day..."の「その日」がついにやってきたのだ」と。人種間の融和がついに訪れたのだと。

僕もようやく、アメリカ人のすさまじい熱狂が少しずつ理解できるようになってきました。それは、LAで日系アメリカ人国立博物館を訪れ、テレビでキング牧師の演説を何度も何度も見て、激しい人種差別を受けることの痛みをより身近に感じたからかもしれません。人種差別は激しく暴力的であり、そして根深い。だからこそアメリカ人は、オバマ大統領の誕生を、アメリカが人種差別を乗り越えられる証として熱狂していたのではないかと。

今日はUCバークレーの学長(Birgeneau先生)の呼びかけで、朝7時半から巨大スクリーンで就任式のパブリックビューイングがおこなわれました。

d0127680_1442597.jpg


早朝、かつ今日から授業が始まるというのに、集まった人の数は、なんと1万人。僕の友人もDCにとんで就任式を観覧したようですが、誰もがこの歴史的な瞬間を見逃すまいとしていました。

いやー、すっっっっごい人出でした。僕らは早めに着いたのでスクリーンのかなり近くで見ることができました。その様子が大学のサイトにまとめられています。

これがパブリックビューイングの様子です

バークレーの興奮が伝わりますでしょうか。大学も仕事が早いですね(笑)。

大学の友人や先生方は、オバマ大統領のプリントTシャツを着たり、帽子をかぶったり。テレビではライブで延々オバマ大統領のことを追い続けています(今はミシェル婦人とダンスを踊っています(笑))。今日はアメリカ中が興奮に包まれていることでしょう。

最後に、環境問題をなんとかしたいと思っている人にとって、オバマ大統領の誕生はまさに福音ですよね。彼の政策についてはこのブログで何度も繰り返しているので多くは語りませんが、ホワイトハウスのウェブサイトを紹介しておきます。

Agendaを見てください。Economyに続いて、Energy & the Environmentだけが特だししてあります。ここまで環境・エネルギー問題を大きく取り上げた大統領はいまだかつていませんよね。オバマ大統領のリードのもと、UCバークレーやスタンフォード、ハーバードなどの大学、シリコンバレーなどの企業がスクラムを組み、技術イノベーションをてこにアメリカがこの分野で再び世界をリードする日は遠くないかもしれません。
d0127680_14492820.jpg
d0127680_14585066.jpg
d0127680_1459325.jpg
d0127680_1502556.jpg

[PR]
by knj79 | 2009-01-21 13:04 | アメリカ大統領選2008
普段は新聞なんてインターネットで済ますけど、今日くらいは買おうかと思ってそこかしこにあるニューススタンドやドラッグストアを回った。なのに、どの新聞も(SF Chronicleも、New York Timesも、USA Todayも)、すべてもれなく、売り切れていた。10時の授業が終わってすぐなのに。

クラスのMLでは、「NY Times求む!謝礼あり」みたいなメールが流れてた。本当にどこでも売り切れていたんだと思う。こんなの初めてだ。

カフェではみんな回し読みをするので、あるかなと思っていったら果たして、ありました。NY Times。心に残ったEditorial。

The Next President

歴史的な出来事に立ち会っているんだろうな。昨日の演説も、本当に素晴らしかったもんな。
[PR]
by knj79 | 2008-11-06 17:13 | アメリカ大統領選2008
さて、大統領選当日。バークレーではいくつかの場所で、大画面とピザとビールを備えた会場が用意されている。僕はまずGSPP(自分の大学院)のに参加。

GSPPではスクリーンを3つ用意し、6時からCNNとMSNBCの中継。みんな宿題をしながら、ピザをつまみながら、雑談しながら、思い思いにスクリーンを見つめる。留学生組はなんとなく固まって、どっちの候補の方が自分の国にとっていいのかね?なんて話す。日本人だけでなく、どの国の留学生にとっても、この国の大統領選は、想像を絶していたと思う。フランス人のA君、「フランスの大統領選はシンプルで短いよ。アメリカのは長すぎるし、金をかけすぎる」。韓国人のW君、「韓国の2002年の大統領選は結構こんな感じだった。でも、スケールはずっと小さいよ。」。パキスタン人のU君、「オバマさんの地元のシカゴの集会、ロックコンサートにしか見えない。」。

d0127680_1317882.jpg
d0127680_13171749.jpg


ところで、GSPPでは、政治学の授業の前に、全員の政治観調査というのをやらされる。で、集計して、公開される。公共政策の大学院に入るくらいだから、共和党支持者はいない。学生も、教授も、スタッフも、一人残らず民主党支持という結果だった。どんな学校だ。政治学のElwood先生も、「なんとか生徒の多様性を確保しようと思ってるんだけどねえ・・・」となかばあきらめ。

だから、オバマさんが票を獲得すると、拍手と歓声。先ほどの話に戻ると、チリのEくんやペルーのJくんは、「マケインは南米を重視してくれるから、マケインがいいけど、この雰囲気の中では「マ」といっただけで消されるね」。韓国人のW君と、「民主党は貿易では保護主義だから韓国と日本には厳しいよね」なんてことを一般論として話していたら、いつもは陽気なアメリカ人のT君が眉をひそめてこちらを見ている。恐ろしい。

そして。

Wow.

西海岸時間、8時。
オバマ大統領に当確が出ました。

クラスメートは、フワーオ!(いい擬音が思いつかないけど、アメリカ人が
よくやるやつ)と絶叫し、
Congratulations, man!とハイタッチ。

遅くなってきたのでそのあと寮に移動。寮でもみんなで開票結果を見る大広間がある。数百人がオバマ新大統領の勝利演説を待つ。結構じらす。登場しない。で、満を持してオバマさんが登場すると、ウォーっという歓声。そして演説。気持ちを前向きにさせる演説。アメリカ人がまいってしまうのもうなづける。

留学してからこっち、クラスメートを見てずっと感じてきたことがあった。公共政策大学院という、公のものごとに興味を持つ若い人たちがあつまる特殊な場所だからかもしれないが、彼らの何人かは本当にオバマ氏に心酔している。
でも、この現象はうちのような大学院に限らず、アメリカ中で起こったことなのではないか、とも思う。ヒラリー、マケインという強敵を2度にわたって破ることができたのは、草の根の選挙運動だといわれているからだ。クラスメートが必死でオバマを大統領にするためにメールをし、電話をかけ、集会に出かけていくのを目の当たりにし、このような若者が数千人、数万人と活躍しているんだと思った。驚き以外の何物でもなかった。

ここまで多くの人たちが政治家に心酔する、ということは日本人である自分にはにわかに理解しがたい。この熱狂は、ロックスターでも、スポーツ選手でも、ハリウッドスターに向けられているものでもない。一政治家に向けられているのだ。政治は、カタルシスとは程遠い、泥臭い仕事がほとんどだと思う。新大統領は、この熱狂と、泥臭い仕事を、どう折り合いをつけるのか。正直、非常に興味がある。

本当にいろいろなことを考えさせる、本当にすごい盛り上がりだったんです。毎回こんななのかな?そんなわけないよなあ。

d0127680_15123447.jpg


町では、車のクラクションを鳴らす音が聞こえる。フランス人のA君(さっきのとは別のA君)が、「ワールドカップの時がこんな感じだったな。」。うん。日本が2002年のワールドカップでロシアに勝った時の渋谷がこんな感じだったよ。日本の皆さん、2002年の6月のあの日のことを思い出していただけると、だいたいイメージがつかめると思います。

バークレーでの大統領選当日はそんな感じでした。なかなか得がたい経験だった。
[PR]
by knj79 | 2008-11-05 13:17 | アメリカ大統領選2008
世論調査ではオバマ候補が大幅にリードしている大統領選ですが、サンフランシスコクロニクルに両候補のエネルギー政策がコンパクトにまとまっていたのでご紹介します。

Candidates' energy plans like peas in a pod

要はですね、原子力を除くとほとんど論点は同じだよ、ということです。
(手法は少しずつ違う)

気候変動 → 排出量取引で対応。
         温室効果ガスを2050年までに1990年の6割から8割削減

自動車 → 燃費のいい自動車を購入できるように、税還付(一人数十万円)
        (プラグインハイブリッド、バイオ燃料車)

再生可能エネルギー → 研究開発を支援。(政府資金&減税)

オフショアドリル → マケイン候補は重視。オバマ候補も必要性は指摘。

石油会社の利益 → rainfall profit(棚ぼた的な利益)に課税。投機的取引の規制。

など。原子力は、マケイン候補は2030年までに45基としていますが、オバマ候補は使用済み燃料の保管の研究を進めるということにとどめています。

ただ、本記事でも指摘しているように、また、学内のエネルギー関係のセミナーでも指摘されていますが、金融危機の結果、財政負担や企業、国民のコスト負担を必要とする上記のような政策の実施は厳しくなるおそれが非常に強いです。次期大統領にはなんとかふんばってほしい。
[PR]
by knj79 | 2008-10-22 11:50 | アメリカ大統領選2008
先ほど、第2回大統領選のディベート(Presidential debate)が行われました。宿題もあるので、環境・エネルギーについてだけ、ご報告。

今回は場内の観客からの質問に答える形。その中で、環境問題、気候変動問題、緑の雇用(Green jobって言ってました。こういう単語、あるんだろうか?)の質問。

まずはマケイン候補。
・ 原子燃料サイクルを活用した原子力発電。日本やイギリス、フランスだってやっているクリーンなエネルギー利用。自分は原子力潜水艦に乗っていたからわかるが、原子力はクリーンだ!(ここはちょっと脱力)。雇用も数百万人創出。
・ ハイブリッド、水素などのクリーンな自動車。
・ ドリル・ベイビー・ド(略)

そしてオバマ候補。
・ 太陽、風力、地熱など代替エネルギー開発。
・ クリーンエネルギー産業は、過去数十年間のコンピュータ産業のように基幹産業になる。中国にも輸出できる。
・ 原子力はエネルギーポートフォリオの一つ。
・ (いつものロジックで)アメリカの石油生産は増えても焼け石に水。
  ←これ、今度のエントリでグラフを示してみます。ピークオイルの式で非常によく近似できます。

基本的には今までと同じ論調。

両者とも、雇用問題と結びつけて話したことが印象的。エネルギー危機は問題(Challenge)ではなく、機会(Opportunity)だ、というオバマ候補の言葉にも賛成。

さて、このディベートを受けてのCNNの世論調査では、圧倒的にオバマ候補が有利。もうオバマ候補で決まりでしょうか。
[PR]
by knj79 | 2008-10-08 14:06 | アメリカ大統領選2008
たったいま、大学のInstitute of Government Studyで開かれた、Presidential Debate(大統領選の討論会。これから3回にわたってテーマを決めて行われます)の上映会から帰ってきました。

大画面に討論会を映して、ピザやスナックがふるまわれてみんなで見ます。結構大きな部屋でしたが、立ち見、座り見もたくさんいて、熱気にあふれていました。ゆうに100人以上いたんじゃないかな。ここ以外でも学内のいくつかの場所で同じような上映会がおこなわれていたようです。

今回は外交をテーマにして、1時間半の熱戦。(最初はFinancial crisisの話でしたが)

マケイン候補は、これまでの実績を強調しつつ、オバマ候補の外交に関する無理解を指摘し続ける戦略。まあ、バークレーは完全に彼にとってアウェイですから、マケイン候補が過去の実績を強調するたびに、”OH NO!"とか失笑が起こっていましたが。僕の前に座っていた女の子は、マケイン候補が話すときはずーっと隣の人に文句いってました。

さてそれに対し、オバマ候補は、マケイン候補とブッシュ大統領の外交分野での失政を重ねて舌鋒鋭く批判するという展開。オバマ候補はさすがに話が明快でうまい。はじめての大舞台であの落ち着きはなんなんでしょう。また、たまに本当に伝えたいメッセージのときだけ、会場ではなく、カメラに向かって語りかけるのも効果的だと思いました。

さて、安全保障の文脈で、エネルギーについて盛んに取り上げられていたので、ちょっとまとめてみます。

まずは、両者とも、Energy independence(中東、ロシア、ベネズエラからの石油・天然ガス依存を減らすこと)と気候変動抑止のために、エネルギーが最重要アジェンダの一つであることは合意。

ロシアのグルジア(英語では「ジョージア」と発音します)侵攻は、"petro-dollars"(資源価格の高騰により得られた巨額の資金)を背景としており、両者とも危機感を募らせています。

さて、エネルギー自給率向上の手段として、オバマ候補は、代替エネルギー&クリーンコール&低燃費自動車に関する技術開発を進めるべきとの見解を表明。代替エネルギーは、太陽光、風力、バイオ燃料。

これに対し、マケイン候補はそれらに加えて2030年までに原発45基という提案。これには度肝を抜かれました。スリーマイル以降の無設置方針から転換したのはつい最近ですが(確かすでに20基弱新設を決めていましたよね)、これをさらに推し進める戦略。核燃料サイクルについても言及。

そして、Offshore drillingもマケイン候補が主張。これに対しては、オバマ候補が「世界の25%の石油を消費しているアメリカは、現在世界の3%しか石油を生産していない。石油の生産を多少増やしても解決策にはならない」と、以前のエントリでも書いたように主張。マケイン候補は「しかし一時のエネルギー危機の緩和になる」と切り返す。石油会社は当然儲かるけど、この点についてはマケイン候補の主張には無理があるのではないか。

やはり代替エネルギー推進の観点からは、オバマ候補の主張のほうが積極的。

仮にアメリカがエネルギー自給率を高めたいなら、「アメリカは石炭におけるサウジアラビアだ」とよくいわれるとおり(これがよくニュースで使われる表現なんです。)、うなるほど眠っている国産石炭の高効率利用を進める&原子力導入が実際的なんだろう。石炭で車は走らないので(ガス化か液化すれば走れるけど効率が悪い)、ガソリンをがぶ飲みしている運輸に関しては、電気自動車に5年後くらいに切り替えるのだろうか。

と、最近エネルギー自立(Energy independence)という言葉が、一日に何十回もニュース&CM(エネルギーに関する意見広告が信じられないくらい多いんです)で取り上げられるアメリカですが、それでも自給率は7割超えてますからねえ。さて日本のエネルギー自給率は約5%ですけど。

あ、今CNNで世論調査が出ました。さっき終わったばっかりなのに、早い!

「この討論会でマケインとオバマ、どちらが勝った?」
オバマ:51% マケイン:38%
(なんで足して100%じゃないのかな?)

「選挙ではマケインとオバマ、どちらが勝つと思う?」
オバマ:64% マケイン:36%

-------------------------------------------------------
さて、次は来週木曜日のバイデン候補対ペイリン候補。
ペイリン候補がどんなディベートをするのか正直想像がつきませんが、
次週からはバークレーの先生方からの解説付きらしいので、楽しみです。
[PR]
by knj79 | 2008-09-27 12:27 | アメリカ大統領選2008

Yes We Can



今更、という感じもありますが、オバマのニューハンプシャーでのYes, We Can演説に触発されて、Will.i.am達が作ったビデオ。もうすぐ1000万回再生を超えそうなのでうp。

彼のことは政治学の授業でもよく取り上げられている。クラスメートにも、熱狂的な支持者がいる。具体的な政策はないとよく批判されるけど、彼にはアメリカ人を熱狂させる力があるんですよね。希望を見せることこそ、リーダーの資質だとすると、彼はそれを間違いなく持っています。
[PR]
by knj79 | 2008-09-22 17:55 | アメリカ大統領選2008

Drill, Baby, Drill

民主党、共和党の党大会が終わっても、テレビは大統領選一色です。両候補が各地で遊説を開始したのを、テレビでも活発に取り上げています。

エネルギーについては、経済問題の次に位置づけられる(というか、ガソリン価格の急騰という点で密接に関連しているのですが)重要問題なので、両候補の遊説の中でもよく取り上げられています。

さて、マケイン候補やペイリン候補の演説の中で、よく、観客から
"Drill, baby, drill,..."
という歓声があがります。

穴を掘れ?

最初は何を叫んでいるのかわからなかったのですが、キャプションを見ると、掘れ、今すぐ掘れと叫んでいます。

これ、なんのことかというと、これまで環境保護等の理由により法律によって禁じられていたアメリカの沿岸(アラスカやメキシコ湾)にある油田開発を解禁して国内で石油を増産し、それによって石油自給率を高め、1ガロン4ドルに達するガソリン価格を下げよう、ということなのです。

マケイン候補はこれまでOffshore drilling禁止派として知られており、南極北極海の開発には引き続き反対していますが、アラスカ等の沿岸油田開発はやむなしというスタンスのようです。

オバマ候補はOffshore drilling自体に反対。この理由は、オバマ候補のシニアアドバイザーのDan Kammen教授の授業でも触れられていましたが、
・ Offshore drillingの環境コストは非常に大きい
・ アメリカの沿岸にはたいして石油は埋まっていないので石油自給率にもガソリン価格低下にもほとんど影響を与えない
ということです。

そう。実はアメリカの沿岸部には、たいして石油は埋まっていなくて、結構簡単に意味ないことがわかってしまうのです。要は、絶対量はそれなりにあるけど、アメリカのガソリン消費量があまりに大きすぎて、まさに「焼け石に水」なのです。(これは次回のエントリで計算して示してみます)

しかしながら、マケイン陣営はオバマ陣営のことを、このように批判します。

Our opponents say, again and again, that drilling will not solve all of America's energy problems—as if we all didn't know that already.

But the fact that drilling won't solve every problem is no excuse to do nothing at all.

Drill, Baby, Drill: Breaking Down Sarah Palin's VP Speech, September 4, US News

まあ、やれることは全部やれ、ということなのでしょうが、精神論を持ち出して効果の小さいことをやっても仕方ありません。GSPPの学生として、ここは数字を出してきちんと説明すべきですね(笑)。

以下次回。
[PR]
by knj79 | 2008-09-15 04:43 | アメリカ大統領選2008

ペイリン効果?

Excite エキサイト : 国際ニュース

ペイリン副大統領候補(running mate)の共和党大会での
演説の効果か、マケイン候補の支持率がオバマ候補の支持率を
3%うわまったとのこと。

この演説です。



クラスメートの一人に、ペイリン候補のこと、どう思う?と聞いたら、
ここには書けないような強い言葉で、彼女は副大統領には
ふさわしくない、考え方が極端すぎる、と批判しておりました。
その他のクラスメートは、選挙がエキサイティングになったね、
といってました。少なくとも、ニュース性満載の候補者の登場を、
メディアは好意的に迎えているように思います。
[PR]
by knj79 | 2008-09-10 15:55 | アメリカ大統領選2008

共和党大会終了

現在、日本でも自民党の総裁選、民主党の代表選が
行われていますが、アメリカも先週、年初からの長い
選挙戦を終え、先々週に大統領候補(マケイン&オバマ)を
党大会で指名したところです。

さて、アメリカに来る前から、この大統領候補を選ぶ
方法がいまいち理解できていなかったのです。
そもそも、誰が民主党、共和党の予備選に投票できるのか?
両方に投票できるのか?など。
友人に聞いたり調べたりしてようやく理解できました。

まず、アメリカでは、住民票なるものがないため、
選挙のたびに投票用紙が自宅に送られてくるということは
ありません。
自分で自主的に、選挙登録申請書を事務所に送付して
ようやく投票用紙が送られてきます。

さて、この登録用紙に、共和党支持か、民主党支持か、
あるいはどっちでもないか(Independent)を
書き込む場所がありますので、ここで支持政党を登録
するわけです。
なるほど。これで謎が解けました。

選挙登録をするときに民主党と登録した人は、民主党の
予備選に投票する権利があるんですね。逆もしかり。
(注) これ、州によって対応が異なるようです。
    Independentの人でも予備選に投票できる
    州もあるとか。

これから始まる大統領選挙は、Independentを選択した人も
含めて、選挙登録をした人は全員投票できます。
11月4日の本選挙で、アメリカはどういう選択をするのでしょうか。
[PR]
by knj79 | 2008-09-09 09:22 | アメリカ大統領選2008