2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

カテゴリ:大学院出願( 70 )

大学院出願について。

来年秋入学を目指す方は、そろそろ各大学院のウェブサイトで
アカウントを作成開始されたころかと思います。
(必ず10月初旬にアカウント「だけは」作成してください!
 アカウントを作成しないと入手できない情報がありますので!)

アカウントを作成すると、エッセイのお題を見ることができると
思いますので、まずはそちらをすべてワードにコピペして、
エッセイのお題の一覧表を作成されるとよいかと思います。
大学ごとに異なるお題もありますし、重複するお題もあると
思いますから、全体像を把握すると作業量がイメージできて
気が楽になります。
お題は日本語訳しておくことをお勧めします。

さて、肝心のエッセイですが、どこまで日本語を使い、
どこから英語に移行するのが効率的なのでしょうか?

答えから言うと、さんざん失敗を繰り返した結果、

・ 日本語で詰め詰めにして、ストーリーや構成を含めて
  自信を持ってこれでいこうと思ってから、ようやく英訳して
  ネイティブチェックにかける。
・ 納得いかない段階では英訳しない。構成の修正などで
  結局余計に時間がかかる。

この方法が一番効率的でいいエッセイがかけたなというのが、
出願を終えての実感でした。
エッセイを書くときの通説や、英語のできる人やネイティブチェッカー
の意見とは、真っ向から対立する意見だと思いますが、
僕の英語力ではこれしかないなと。

詰め切っていない段階で英語にしてしまうと、その後の修正も
英語でやらねばならず、質が落ちるし時間もかかります。
また、日本語と英語では論理展開や表現が違うから、
二度手間だとよくいわれますが、言語は所詮アウトプット。
パソコンに例えるならディスプレイみたいなものです。
ディスプレイに計算させるのではなくて、コンピュータとして
適した言語で処理することに徹したほうがよいのではないかと思います。

これに気づいたのはバークレー出願の最終段階でしたが、
最初からこうして割り切ってやっていれば、早く終わったのになと
思います。

これからエッセイを書かれる方は、ひとつの可能性として
頭の片隅においておいていただければ。
[PR]
by knj79 | 2008-09-12 01:27 | 大学院出願
もうすぐ9月に入り、大学院への出願作業を本格的に
始められる方も多いかと思います。

公共政策系でいうと、昨年は12月1日(プリンストン等)
12月15日(バークレー等)、1月4日(ハーバード)、
1月10日(MIT等)、1月15日(SAIS、ミシガン等)
というような締切だったと記憶しています。
バークレーは今年も同じ12月15日でしたが、
他の大学については個別にウェブサイトでご確認ください。

自分の場合、8月に留学が決まって4か月での出願作業は
非常に短く、締切間際にハラハラしておりました。
希望していた大学には全部出願できたのですが、
準備が遅れて、もれなく締切の1日前あるいは当日の提出と
なりました。

ひやっとしたのが、
・ TOEFL、GREの送付
  → ETSから直接送ってもらうことになるのですが、
    アメリカ国内なのになぜか非常に時間がかかる。
    (たしか2週間?余分にお金を払えばもう少し
    早く送れますが。)
    出願する可能性がある程度固まったら、すぐに
    送付を依頼することをお勧めします。
    電話で申請できます。

・ 出願アカウントの作成
  → アカウントを作成してからでないと入手できない情報も
   あるので、これは10月に出願プロセスがオープンになったら
   すぐにやるべきでした。(僕は11月末にのんびりやって
   焦りました)

・ 推薦状
  → 学校によって推薦者の指定があるのですが、その割合が
    大学の先生と職場関係が2人:1人や1人:2人だったりする。
    つわものは気にせず同じ推薦者で出願しますが、
    出願間際にはそういうリスクをとりたくなくなります。
    推薦状は先方のご都合があるので、その割合をまっさきに
    調べて、余裕を持って出願校の要求にあった推薦者に
    お願いすることをお勧めします。

・ 出願書類郵送
  → 基本はオンライン出願ですが、一部の学校は郵送も
    求めてくる。FEDEXだと1日でアメリカまでつきますが、
    1通5千円近くします。EMSなら3日程度で到着して
    費用は4分の1ですので、お早めに。
    (5千円は高かった・・・)

なお、大学の成績証明も1週間くらいかかるとおもっておいた
方がよいので、これは今すぐ日・英のものを10通程度申請すると
気が楽です。手続き等は大学のウェブサイトにのっていますので。

僕の場合は、細かいところに落とし穴があったので、
また思いついたことは書き込んでいきたいと思います。
[PR]
by knj79 | 2008-08-29 18:17 | 大学院出願

進学先、決定

遅ればせながら、これから留学準備に入ります。

早く手続きを進めなきゃ。
[PR]
by knj79 | 2008-04-16 07:34 | 大学院出願

あまのじゃく

僕はあまのじゃくなところがある。
人にこうだといわれると、それは違うんじゃないかと
逆のことを考える。
世間の常識に反発することで、本質は何かを
つかもうとしているんだと、自分では理解している。

それで苦労することもある。
みんなのいうとおりしておけばよかったって。

でも、今までの決断は、すべて自分の頭で考えて
してきたと思っている。
流されて決めたことは、ただのひとつもないと言い切れる。
失敗もあったかもしれない。
後悔しないはずもない。
学科選びも、大学院進学も、就職も。

今回もそうして決めるんだと思う。
ちょっとおおげさかもしれないけど、
そんなことを考えました。
[PR]
by knj79 | 2008-04-11 00:43 | 大学院出願
悩んで、卒業生や在校生などいろいろな人の意見を聞いて、ようやく二つにまで学校を絞りこみました。



考えを深めるほど、大学の知名度などが気にならなくなり、自分がこの留学に何を求めるかが大切なのだと気付きます。その意味で、この二つはどちらに行ってもいいくらい拮抗した選択肢だと思うのです。



あと少し考えてみます。
[PR]
by knj79 | 2008-04-06 15:52 | 大学院出願

大先輩からのアドバイス

今回、推薦状を書いていただいた大先輩から、
留学先についてのアドバイスをいただいた。

「考え方は人それぞれでしょうが、何がどう役立つかなどと
難しく考えず、利己的・単純に、おもしろそうだな、楽しそうだな、
というだけで決めて、とにかく楽しむ。そうすればいずれ役に立つ、
ということではないでしょうか」

この方は20年も前に、今回の僕と同じように米国大学院に留学され、
その後、国際機関での経験も豊富な方なので、言葉に重みがある。

つまり、目先のスキルアップだけにとらわれず、
自分の本当の問題意識に近いところで、
おもしろそうだ、という直感を信じて選ぶのが
いい結果を生む、ということなのだろう。

目先の利益にとらわれがちな、自分への戒めとして
書きとめておきます。
[PR]
by knj79 | 2008-03-23 19:22 | 大学院出願

なやましい。

出願校の結果がでそろいました。
合格をいただいた6校から、自分のキャリアゴールに
フィットしたところを選んでいきます。

ただ、、

どの学校も、「本当に行きたい!、勉強したい!」と考えて
選んだ学校なので、1つの学校を選ぶのは本当に難しいです。
友人や先輩に相談しても、「ぜいたくな悩みだねえ」と必ず
言われます。はい、ありがたいことです。
6回人生があったら全部の学校に行きたい。

ただ、そんなことをいっても仕方ないので、できるだけ早く
決めたいと思います。
なにより、合格を待っている方に迷惑をおかけしないように、
入学しないと判断した都度、各校に辞退のレターを
書きたいと思います。
[PR]
by knj79 | 2008-03-23 11:15 | 大学院出願

Johns Hopkins SAIS 合格!

6校目!

Johns Hopkins University SAIS合格しました!

SAIS: School of Advanced International Studies

環境、エネルギー、科学技術政策が学べるInternational Policy
という専攻があり、自分にフィットしていると思えるプログラム。
[PR]
by knj79 | 2008-03-18 12:36 | 大学院出願
5校目!

タフツ大学フレッチャー法律外交大学院、合格!
(Fletcher School, Tufts University)

MALD: Master of Arts in Law and Diplomacy
[PR]
by knj79 | 2008-03-15 07:13 | 大学院出願

UC Berkeley MPP 合格!

4校目!

UCバークレー、ゴールドマンスクール合格!
(Goldman School of Public Policy, UC Berkeley)

ついに来ました!
[PR]
by knj79 | 2008-03-12 23:22 | 大学院出願