2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

カテゴリ:留学準備( 19 )

出国まであと1ヶ月少々。
まったく実感がわきませんが、手続きだけは淡々と
進めていかなければ、余計な失敗をしたり、出費がでたり
しそうなので、土日は「あとなにしないといけないかなー」と
考えながら作業を進めています。

昨日、アパートの解約手続きをしました。
といっても、不動産屋さんにいって、解約申込書を
書くだけでした。
6月26日引き払いということが明確にきまると、
あとは部屋を整理するだけですね。

このアパートには、就職するころから住んでいるので、
もう5年間になります。
閑静な住宅街で、駅からも近く、通勤も30分しかかからない、
素晴らしい場所でした。
また、大家さんのおうちと隣接しているので、窓を開けると
大きなお庭が広がっているのも、みどり好きの僕としては
ありがたかったです。

ここから離れるのはさみしいですが、立つ鳥跡を濁さずの
精神で、きれいにして出ていこうと思います。

d0127680_1141166.jpg

[PR]
by knj79 | 2008-05-18 11:31 | 留学準備
さて、環境学を学ぶといっても、環境学という
確立された学問があるわけではありません。

安井先生のサイトに詳しいです。

また、環境学が持つ意味も、大きくわけて
二つあります。

続く
[PR]
by knj79 | 2008-05-15 00:29 | 留学準備
最近立て続けに、大学生から、アメリカで環境について
学びたいのだがアドバイスが欲しいと言われることがありました。

実はこの進路、そんなに容易な道ではありません。
でも、僕は、どうもこういう話を聞くと、俄然応援したくなるのです。
やるきのある若い学生が、グリーンな(あるいはサステイナブルな)
社会をつくるために、自分のキャリアを賭してがんばりたい、
という意気込みに、何か自分にできることはないかと思い、
一生懸命考えてアドバイスしました。

こういう悩み、大学時代の自分も持っていたなあ、でも、
アドバイスしてくれる人もいなかったなあ、
という思いもあり、そこで考えたことを紹介したいと思います。
大学生で、同じような希望を持つみなさんへのコメントとして。

ちょっと脱線しますが、ある分野が伸びるかどうかは、
煎じ詰めれば、その分野に、どれだけ優秀な若い人材が
数多く参入したかにつきるのではないかと思っています。
戦後日本の製造業しかり、シリコンバレーしかり。

だから僕は、若い学生が、ビジネスや技術、社会制度を
グリーンに変えていくために、自分のキャリアを賭けてみたい
という想いが実現するのを、なんらかの形でお手伝いしたいと
思っています。
それが容易な道ではないからこそ。
その一つの形として、この場で情報提供をしていきたい。

前置き、ながっ!すみません!
続きは次のエントリで。
[PR]
by knj79 | 2008-05-13 00:02 | 留学準備

I-20到着!

予想外に早く手続きが済み、サマースクールからI-20が
届きました。
最初は、どこにも書類にI-20とは書いていなくて、何がとどいたのかと
思いました。(書類には、"Certificate of Student Status"
とだけ書いてあります。)

I-20とはビザをとるために必要な書類です。
大学院の前にサマースクールに行く場合、
大学院のI-20ではなくサマースクールのI-20で
アメリカ大使館にビザを申請する必要があります。
※I-20自体も常に携帯の必要があり、携帯せずに成田から出国できない
 人も毎年いるとのこと。気をつけたいと思います。

これで今週末にはビザの申請ができそうです。
最重要書類がこれでそろったことになり、ほっとしました。

MITのMBAの方が作成したI-20の丁寧な説明です。
[PR]
by knj79 | 2008-05-12 07:20 | 留学準備
仕事をしながらOJTで学ぶ知識は、非常に実践的で、
しかも必要に迫られて学ぶので、修得の速度も効率も
よいものです。
また、大学院で学ぶ知識が現場で即使えるとは
思えませんし、またそのような即物的なツールを
得ることも期待していまん。
そもそも、知識自体は数年で陳腐化するものでしょう。

ですので、大学院では、新しい知識を得るというよりは、
考え方のフレームワークを体系的に身につけることを
目指したいと思っています。
たとえばそれは経済学や法学、行政学といったものです。

技術系のバックグラウンドを持つ自分には、これらの
体系だった知識が足りないなあと常に感じてきました。
自分がかかわった分野については非常に深くリアルな
知識を持っているのですが。
まとまった時間を使って体系的な学習ができるこの機会を
使い、社会科学のバックグラウンドを(薄くとも)身につけたい
と思います。

とても楽しみです。
[PR]
by knj79 | 2008-05-11 01:03 | 留学準備

サマースクール決定

応募書類が大学に届き、予想以上に早くサマースクールが
決定しました。6月27日~8月8日までと、バークレーの授業の
直前までで、時期的には申し分ありません。
受講生の評価も高かったです。
でも、なんでこんなに高いんだー!(授業料:45万円。自費。)

まとめて英語の勉強ができるのは、社会人になって
これが最初で最後です。
日本で英会話学校にも行ったことないし、これくらいいいかなと
自分を納得させています。
サマーなんて気休めだよ、という人も多いけど、
最大限この期間を活用しようと思います。

ともあれ、行き先がこれで確定してほっとしました。
次は人生の一大イベントが待っています。
出国まで、ジェットコースターのような毎日が続きます。
[PR]
by knj79 | 2008-04-29 13:30 | 留学準備
今日、FAXとEMS(国際郵便)でようやくサマースクールへの
申し込みを終えました。
5/1が実質の締切だったので、到着の時間を考えたら、
ぎりぎりセーフ。

I-20という書類(就学ビザをとるために必要なもの)の申請
でもあるので、これが結構めんどうくさくて、びっくりしました。
書類に不備などなく、すんなりとI-20がくればいいのですが。
[PR]
by knj79 | 2008-04-24 02:18 | 留学準備
気づくと、渡米まで2か月でした。
次のようなスケジュールで渡米します。

6月18日(水)~22日(日) 仕事で札幌

6月23日(月)         最終勤務日

6月24日(火)~25日(水) 引っ越し準備

6月26日(木)         渡米

6月27日(金)         サマースクール開始

~8月8日(金)         サマースクール終了

8月11日(月)~22日(金) 公共政策大学院Math Review Camp

8月25日(月)         公共政策大学院オリエンテーションなど


これからあと2か月で、

・ サマースクール申込
・ 航空券購入
・ ビザ取得
・ 歯の治療
などなどを行います。

また時間がないな。。
早め早めに動いていこう。

カリフォルニアは予防接種が不要であることが
時間が足りないだけにありがたいです。
(マサチューセッツ州なんかは1ヶ月くらいかかるらしいので)
[PR]
by knj79 | 2008-04-20 17:36 | 留学準備
諸手続きを終え、ようやくUCバークレーに
進学することが決定しました。
相談にのっていただいた方々には感謝の
気持でいっぱいです。
ありがとうございました。

進学先は、UCバークレーの公共政策大学院です。
Goldman School of Public Policy, UC Berkeley
公共政策学修士(MPP: Master of Public Policy)
2年間かけて取得することを目指します。

大学院では、1年目に公共政策全般について
体系的にしっかりと学び、インターン及び2年目に、
より自分の興味関心に特化した分野
(環境政策:特に環境技術のイノベーション及び
途上国への技術移転に関する政策的支援)
に関するコースワーク、研究を行う予定です。

これを機に、本ブログのタイトル・デザインも変更しました。
(もしかしたらまたちょっと変わるかもしれませんが)

なにはともあれ、ようやく一歩を踏み出すことができました。
留学決定、出願準備、そして進学先決定と、
支えてくださった多くの方々に感謝を申し上げる次第です。
今後は、大学院留学や環境政策について、カラフルで楽しい情報を
お伝えできればと思っています。
(今までは「受験」だけにやっぱりトーンが暗かったので。。)

皆様、今後ともご指導のほどどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by knj79 | 2008-04-20 01:05 | 留学準備