2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

カテゴリ:UCバークレー( 22 )

今学期、大学院の授業やキャリア関係のイベントですごく忙しかったのですが、そんな中でも環境・エネルギー関係の講演やミーティングには時間を縫って参加しました。その中でも特に、エネルギーに関するバークレー・スタンフォードの日本人研究者の皆さんと知り合い、お話をうかがうことができたのは、今後の政策について考える上で非常に大きな収穫でした。

こういった各分野の一流の研究者の方々に時間をとっていただき、組織の立場からはなれて一個人として率直に意見を交わすことができるのも、また留学中でしか得られないことの一つでしょう。多くのエネルギー研究者の皆さんが来年日本に帰ってしまうのが非常にさみしいですが、ここでの議論とネットワークをこれからも大切にし、それぞれが日本の環境・エネルギー政策に生かしていければいいですね。日本に戻っても情報交換しましょう。

皆さん、素晴らしい研究者の方々ですので、僕みたいな半分素人のひねくれた質問にもいやな顔一つすることなく回答してくださいます。いつも「なんと贅沢な」と思いながら、つねづね疑問に思っていることをどんどんぶつけてしまいます。電力、エネルギー、環境経済学、政策など様々な分野の専門家がそろっているので、いろいろな角度から一つの問題を見ることができるのもこれまた贅沢です。
といっても、勉強させていただいているばかりではよくないので、実際に政策を立案、実施する立場からの声をお伝えしていければと思っています。

バークレーには、エネルギー省のローレンスバークレー研究所(LBL)、農業資源経済学部(ARE)、エネルギー資源グループ(ERG)、環境科学政策管理学部(ESPM、名前ながっ!)など環境・エネルギー分野でアメリカのトップを行く分野がそろっています。
そのほか、うちの公共政策大学院(GSPP)に加え、ビジネススクール(Haas)、ロースクールにも数多くの環境・エネルギー関連の授業が開講しています。
授業、セミナー、講演会なども選ぶのに迷うほど毎日のように開催されていて、僕もこの1学期で時間のある時は毎日のように出席していました。
そしてなにより、そこで研究する人たちとの出会いこそが一番大切ですね。

エネルギー・環境を研究・勉強される方には、バークレーは自信を持ってお勧めすることができます。僕もこのコミュニティに、微力ながら貢献できるようがんばっていきたいです。
[PR]
by knj79 | 2008-12-19 08:12 | UCバークレー | Trackback | Comments(2)
東大-UCバークレイ・シンポジウム
Hybrid Japan, Hybrid California: Global Engagement in the 21st Century


この前もお伝えしましたが、日本時間の明日、バークレーと東大のシンポジウムが本郷キャンパスであります。バークレーからは学長、Dan Kammen先生やSteven Vogel先生もいらっしゃいますので、東京にいらっしゃる方はぜひどうぞ。
[PR]
by knj79 | 2008-11-10 12:41 | UCバークレー | Trackback | Comments(0)

秋の空はどこまでも高い

気温が急に下がってきました。空気が澄んで、空が高く見える気がします。

d0127680_10451411.jpg
d0127680_1046192.jpg
d0127680_10481145.jpg


あと関係ないけどクマ。


d0127680_11185825.jpg

[PR]
by knj79 | 2008-10-30 10:46 | UCバークレー | Trackback | Comments(4)

10月末のバークレー

ずーっと雲ひとつなく晴れてます。日本でいう秋晴れが夏からこっち、ずっと続いているような感じです。唯一季節の変わり目が感じられるのは、リス君。彼らは、冬の間の食糧を求めてか、大変活発に活動をされています。今日は友人と屋外のカフェで話していたら、食べ物をおねだりするリス君たちに囲まれました。写真とればよかったなあ。

しかし暑い。

d0127680_8152080.jpg
d0127680_8155255.jpg
d0127680_8161148.jpg
d0127680_8165792.jpg
d0127680_8195745.jpg

[PR]
by knj79 | 2008-10-25 08:20 | UCバークレー | Trackback | Comments(2)

バークレーの気候

東側に留学されている方々によれば、あちらはもう氷点下への突入が始まっているとのことですが、バークレーはいまだに最高気温25℃以上を保っています。今週はほぼ30℃。でも夜は10℃ちょっとです。

夏は寒い寒いといっていましたが、結局7月からその温度がずーっと続いている感じで、なんというか、季節感がないです。当然昼間は半袖で歩き回っています。

西海岸の売りは素晴らしい気候だというのは、住んでみて実感します。青い空、温暖な気候、こういったものも留学先を検討される際には、考慮に入れてもいいかもしれませんね。ご家族と一緒に留学をされる方は、特に重要かもしれません。

あ、そういえば、まだ雨も一度しか降ってないなあ。雨と紅葉はあったほうがいいんだけどなあ。
[PR]
by knj79 | 2008-10-24 15:35 | UCバークレー | Trackback | Comments(4)

Will you please be quiet, please?

最近は勉強する場所として総合図書館がお気に入り。
図書館内にはパソコンが何百台かならんだメディアセンターというところがあって、大きなディスプレイで快適に宿題ができます。

そこで今日締め切りの宿題の追い込みをしていたところ、隣から何やら歌声が。

OMG。隣のニット帽をかぶった兄ちゃんが気持ちよさそうに歌い始めたではないですか。

「飲食禁止、静かに、電話は外でとる」ってデスクトップの壁紙に書いてるのにな。いくらリベラルでなんでもありなバークレーだからといって公共の場でそりゃないよ。

、宿題の締切を2時間後に控えて邪魔されたくなかったので、1分くらい(たぶん)たってたまりかねて右を向いて肩をたたき(先方、ヘッドホンを付けて音楽を聴いてます)、

"Will you please be quiet, please?"

"What? Say it again."

(聞こえてるだろに。)"Would you please be quiet? Please. We all are studying here."

"Oh I'm disappointed to hear that you are not happy with my song."

(んなわけないでしょ。)"Sorry about that. But I am working on my assignment."

(ヘッドホンをおいて、立ち去る兄ちゃん)

その後、周りの人たちで顔を見合せて、やれやれ。

あんまり日本には図書館で歌いだす人っていないですよね。勉強しすぎると変った人も出てくるということか。
[PR]
by knj79 | 2008-09-26 17:02 | UCバークレー | Trackback | Comments(0)
アメリカは車社会であるということはよく言われることであり、
実際車がないと生活していけないように都市が作り上げられて
います。
ガソリン価格の高騰がアメリカ社会に与える影響は、日本よりも
おそらくずっと大きいでしょう。

そんななか、僕の住んでいるバークレーと、湾をはさんで対岸にある
サンフランシスコは、車なしで生活できるほど公共交通機関が
発達した地域なのです。
これには、クラスメートのKさんともども、「結構アメリカもやるねえ」と
驚いているところです。

両都市とも、公共交通の中心をなすのは、バス。
バークレーでは、ACトランジットというバス網が非常に発達しています。
① 10分から15分に一度、ほぼ時間通りに到着すること
② 市内をくまなくカバーし、乗り換えればだいたいどこへもたどりつけること
の二点から、日本の大都市とそん色ない交通機関となりえているように
思います。(まだ使い始めたばかりなので、感想は変わる可能性があります)

日本でも、地方都市では一人一台車を運転するのがあたりまえの時代です。
結果、バスや電車は収益悪化から、路線廃止が相次ぐ、といった傾向にあります。
その一方で、二酸化炭素削減を目指し、路面電車(LRT)の敷設が各地で
検討されています。

ただ、市民の足として機能するためには、上記①②を徹底的に達成しないと
ならず、中途半端なものでは車の利便性に負けてしまうよなあと実感しました。
やるなら徹底的にやらないと、効果はゼロかもしれません。
特に②の条件を満たすためには、線路の敷設等の初期投資が不要な
バスというのは有効な選択肢となるのではないかと感じました。
素人考えではありますが。

などとつらつら考えながら、バスに揺られて寮に帰ってきたのでした。
明日は引っ越しの日です。
[PR]
by knj79 | 2008-08-17 13:59 | UCバークレー | Trackback | Comments(0)
引き続き、生活のセットアップを続けております。
特に、日曜日の入寮と、月曜日の運転免許試験に向けた準備です。
淡々とやるべきことはすべて済ませて、安心して授業開始(27日)を
迎えたいものです。

さて、あまり報告しても日記みたいになるので、UCバークレーの
キャンパスの写真をのせておきます。

UCバークレーのキャンパスは、丘の途中にあります。
アメリカの大学のキャンパスにしてはこじんまりとしていると
いわれますが、森や川、芝生と校舎が調和して配置されていて、
僕はとても気にいっています。
また、白い壁にオレンジの屋根で統一された校舎も美しく、
また、歴史を感じさせます。

キャンパスの雰囲気、伝わりますでしょうか?
d0127680_1355264.jpg

d0127680_1345345.jpg

d0127680_1312854.jpg
d0127680_13132892.jpg

[PR]
by knj79 | 2008-08-16 12:56 | UCバークレー | Trackback | Comments(4)

UCバークレー到着

昨日、スタンフォードの友人のYさんに車を出していただき、
ついにバークレーに到着いたしました!

これから1週間はStern Hallという寮に一時的に滞在したのち、
International House(これから5月まで住む寮)に移ります。
なかなか落ち着くことができませんね。

また新しい場所で分からないことばかりですが、
がんばってまいります!
まずはご報告まで。
d0127680_933367.jpg
d0127680_9331998.jpg
d0127680_9333953.jpg
d0127680_9335293.jpg

d0127680_936229.jpg

[PR]
by knj79 | 2008-08-12 04:12 | UCバークレー | Trackback | Comments(0)

UCバークレー!



d0127680_1929678.jpg

d0127680_19433319.jpg
d0127680_19294699.jpg
d0127680_19301029.jpg

d0127680_1944174.jpg
d0127680_19303716.jpg

d0127680_9423374.jpg

d0127680_19312142.jpg
d0127680_19314279.jpg

d0127680_11524671.jpg

d0127680_19443619.jpg
d0127680_11532921.jpg
d0127680_11535766.jpg

[PR]
by knj79 | 2008-07-24 19:33 | UCバークレー | Trackback | Comments(4)