2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

<   2007年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

異分子だからこそ

異分子だからこそ、お互いに教えたり学んだりできる。

多様性が尊重されるのはその点においてだ。

マイノリティになると、とても不安になるけれど、
それは他のヒトのためにもなり、
そして自分のためにもなるのだ。

多様性を許容することは、グループ全員にとって重要だ。
[PR]
by knj79 | 2007-11-23 20:18 | 大学院出願

三連休

大事な会議が三日間続いた一週間が終わり、秋晴れの三連休。
気持ちいい。気分は最高のはずだ。

でも今日も朝から会社で書類づくり。明日は停電で会社に来れないから。
今回の三連休でエッセイドラフトを終わらせよう。
[PR]
by knj79 | 2007-11-23 13:08 | 大学院出願

エッセイは一校に集中

エッセイを読んでもらったら、

「これは公共政策じゃなくて、国際関係に出願するためのエッセイだね。両方狙って書くと、だめだよ。一度に書くのは、一校だけ。一校書けたら、違う学校用に足し算、引き算すればいいんだから、まずは特定の一校にカスタマイズして書こう」

と言われた。

確かにそうだなあ。そうします。

とりあえず
[PR]
by knj79 | 2007-11-18 15:28 | 大学院出願
最初から完璧を目指してはいけない。弊害のほうが大きいからだ。
最初から完璧を目指しすと、足が前にでなくなる。弊害というのはそれだ。だから、五割くらいの出来を目指して、気楽に始める。

でも、始めたら、あとは完成度をあげるのを目指していい。

要はそういうことだ。書き始めよう。
[PR]
by knj79 | 2007-11-12 00:20 | 大学院出願

推薦状

もうひとつ、ジョージタウン大SFSのFAQの和訳。

推薦状
卒業してから数年たつのですが、誰に推薦状を書いてもらえばよいでしょうか?
•あなたが3年以上学校から離れているのであれば、職場の方に推薦状を書いてもらうことでかまいません。しかし、少なくとも一人は大学の推薦状を含むことが望ましいです。
3通以上の推薦状は提出できますか?
おすすめできません。
どのような人に書いてもらえばいいですか?
•あなたがもし大学にいるか、卒業直後なら、すくなくとも1,2通はあなたの学科についてよく知る大学の先生から1,2通は必要です。
•よい推薦状を書ける人物からの推薦状が必要です。著名人に1,2行かいてもらうよりは、あなたの強みや経験について詳しい推薦状を書ける先生の方が印象に残ります。
推薦状を見ることはできますか?
•すべての書類は大学の所有権に属します。
•ほとんどの学生は出願前の推薦状の閲覧を放棄しますし、それが推奨されます。
[PR]
by knj79 | 2007-11-11 21:51 | 大学院出願

公共政策学と国際関係論

公共政策学と国際関係論、両方調べてみたが、
結局、

・ ミクロ・マクロの経済学を学び、政策分析に活用をし、
・ 統計等の社会科学の定量的なツールを学び、
・ あとはエレクティブ(選択科目)

ということで、コースワーク自体はあんまり変わらない
のではないかと思うようになった。

よく見られる違いとしては、
公共政策学や行政学の場合は、そこに行政組織の
マネジメントが加わるし、
国際関係論の場合は、国際関係論基礎や
国際関係の歴史が入ってくる。

それ以外の大きな違いは、学生と教官の興味・関心だろう。
アメリカの公共政策は、ハーバードとコロンビアを
除いて、90%程度がアメリカ人。
市、州、連邦政府、それぞれの興味を持った学生が
ミックスされている感じ。
国際関係論は、50~60%がアメリカ人でその他は
留学生。国際機関や国際NGOに興味を持つ学生が
多い。また、外交官や軍人が多いみたいだなあ。

大学院に行くのは、コースワークというより、
ネットワーキングのためらしいから、そちらをより重視して
選ぶべきだな。そんな気がする。

ん、どっちもどんぴしゃりじゃないけど、せっかくアメリカに
いくなら、国際関係論のほうがいいかな。
両方出願して、受かったほうにいくんだろうけど、
基本の整理はそんなところで。
[PR]
by knj79 | 2007-11-11 01:28 | 大学院出願

キャリアゴールを明確に

エッセイを書いていて、キャリアゴールが
明確でないことがわかった。

これは職業柄仕方のない部分もある。
組織全体を見られるようになるため、
定期的に部署が変わるし、個人の希望は
人事に(あまり)影響を与えない。
これは「就職」ではなく、「就社」する日本企業なら
どこでもそうだろう。
だから、現実的に考えると、ショートターム
ゴールは書きようがないし(どこにいくか
わからないから)、ロングタームゴールは
組織のマネジメントということになる。

なんてことをいっても仕方ないし、
自分のやりたいことを書くんだろうな。
仮説の話として。
(日本企業ならどこだってそうだよね)

とにかく一歩ずつ具体的に書くんだろうな。
[PR]
by knj79 | 2007-11-10 21:04 | 大学院出願

2つの国を選ぶ

アメリカの大学には、修士課程の2年間のうち、
1年間を他国のキャンパスで学ぶことができる
ものがある。

たとえば、コロンビア大学の行政学修士(MPA)
では、LSE(イギリス)やScience Po(フランス)
とジョイントディグリーをしているし、
ジョンズホプキンス大学の国際関係学修士では、
中国の南京やイギリスのボローニャにキャンパスを
持っている。

2年間で2つの国に住むのはとても魅力的だなあ。
落ち着いて生活できない可能性はあるし、英語以外に
中、仏、伊あたりの第2外国語を学ばないといけない。
英語も十分じゃないというのに。
でも国連やOECDに派遣されたら、フランス語や中国語
ができたほうがいい。

うーむ。悩むところだ。

あ、でも中国は空気があれだからな。。
[PR]
by knj79 | 2007-11-10 15:41 | 大学院出願

Statement of Purposeとは?

アメリカの大学院の出願書類に、

”Statement of Purpose"

というものがある。

アメリカ大学院で出願する際には定番書類だからか、
ウェブサイトにも、この書類がどういうものか、
何の説明もない。志望動機、なのだろうが、やっぱり
これってどう書けばいいんだろうという不安があった。

で、今日、ジョージタウン大学の外交学部のウェブサイトで、
とってもいいものを見つけたので、訳してみた。

便利なので使ってみてください。

(以下、筆者意訳)
-------------------------------------------------------------
Statement of purposeとは

出願者は、この書類により、パーソナルな情報を
出願書類で示すことができる。
合否を判断する際に、委員会は、学問的な情報に
加え、パーソナルな情報を考慮することになる。

どの程度重要なのか?

Statement of purposeは、出願書類の中で
もっとも重要な書類の一つ。以下の事項を含む必要がある。
・ 学術的、職業的に、どのようなことを成し遂げた
のか。特に、国際関係論に関する研究を行う際に、
必要なスキルや国際的な経験について。
・ 当プログラムで研究をする動機付けの説明。
・ キャリアの到達点と目的の議論

500から700語を超過したら?

・ 超過してはいけない。
・ レジュメや成績証明書等、他の書類に書かれて
いない事項を書くこと。
・ 文法、スペル、言葉遣いを丹念にチェックするため
のライティングテストでもある。



追加エッセイは要求されるか?

・ 要求されない。ただし、主要なライティングサンプル、
たとえば調査論文、ニュースレター、その他の記事等は
歓迎。
・ ビデオ、ディスク等は送らないように。
・ 送付した内容は返還されない。
・ 5ページを超えてはいけない。

アドバイス

・ よい作文はよい修文-校正と編集!
・ 入試委員会には、彼らが聞きたいと考えることを
  伝えるのではない。自然に、大仰な言葉を使わず、
  信憑性のある声で書くこと。
・ Statement of purposeは、入試委員会と
  「対話する」機会。教官、職員、客員研究員、卒業生、
  2年生。読み手の気持ちを考えて書くこと。
・ 大学院での研究に向けた動機を説明する。
・ Statement of purposeでは財政援助について書かない。
・ 自分の強みと実績を強調すること。
・ 具体的に、証拠を示すこと。職業経験を説明するなら、
  ある程度深く説明する。
  たとえば、どこで起こったか、課題はなんだったのか、期間は。
・ キャリアゴールを説明すること。
・ 具体的にどのプログラムに出席したいか、説明すること。
  プログラム、教授、専攻等を示すこと。
・ 自伝を書いてはいけない。
[PR]
by knj79 | 2007-11-08 22:18 | 大学院出願

まずは書いてみる

仕事では当たり前のようにできていることが、
出願書類づくりではできていなかった。
反省。

書類は、まず書いてみて、所定の字数でどの程度の
情報が盛り込めるのかを最初に把握しないといけなかった
のだ。
そのうえで、さらに内容を絞り込むべきなのか、
あるいは情報をさらに収集すべきなのか、考える。
イメージでいうと、中身が3割くらいできたかな、
くらいで書き始めて、ちょうどいいのだ。

実際、どういう内容を書けばいいか悩みまくって、
締切が迫っていざ書き始めると、考えた内容が
盛り込めない。字数が足りない。
あるいは、書いてみて初めて論理構成に飛びが
みつかり、必要なデータが明らかになる。

そんなことはいままでも何度も経験したことなのに、
いまさら同じことをするなんて。
修士論文しかり、就職活動しかり。
こんなことなら早く書き出すべきだった。
とにかく今から書類を書きまくろう。
推敲の段階でまだまだ変えられるのだから。
[PR]
by knj79 | 2007-11-07 01:23 | 大学院出願