2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

<   2008年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

先日、こんな投稿をしましたが、
アメリカ議会の潮目は変わるか?

ミシガン州選出のDingell氏を破り、ついにカリフォルニア州選出のWaxman氏が下院エネルギー商業委員会の委員長に選出されました。これは歴史的なことといっていいんじゃないでしょうか。
時間がたって忘れないうちに簡単にご紹介。

Waxman win boosts state's clout in Congress

マニアックな話になってしまうのですが、このミシガン州のDingell議員というのは、相当な大物議員でして(記事でも"legendary"と書かれていますね)、環境関連法案も積極的に提案するなどの功績もありつつ、ミシガン選出であることから自動車業界を保護してアメリカの自動車産業が嫌がる燃費規制の改正をことごとくつぶしてきたという論評もあります。

アメリカの議会は「委員会中心主義」と呼ばれ、実質的な法案審議は本会議でなく委員会で行われます。なかでも委員長の権限は大きく、かつSeniority Ruleで長年委員長を務めてきたデトロイト寄り(というか守護神的)のDingell氏から、環境派でカリフォルニア選出のWaxman氏に委員長の職が移ることのインパクトは非常に大きいと言えるでしょう。

また、上院の環境公共事業委員会の委員長はカリフォルニア州選出のBoxer議員。カリフォルニアはこれまでワシントンに環境規制の強化を拒まれ続けてきた経緯があるだけに、オバマ氏の大統領選出、上院・下院の民主党過半数奪取に加え、この委員長選挙を追い風に、州レベル&連邦レベルでの環境政策の強化に取り組む体制が出来上がったといえそうです。

うーん、おもしろくなってきました。
[PR]
by knj79 | 2008-11-29 16:31 | 環境政策

オプションの勉強

経済学の授業で、オプションの知識を必要とする宿題が出ているので、にわか勉強中。金融って面白いですね。

日本語の方が理解が10倍は早いので、ざっと調べたら以下のサイトがわかりやすかったです。おすそわけします。

TOCOM オプション取引の仕組

オプション取引入門講座(全12回)

wiki オプション取引

オプション道場

オプション取引入門

いつでもどこでも何でも日本語で、しかもただで調べられるインターネットって便利ですね。

さて、これからサブプライムローンに関して渡された100ページ強のリーディングにかかります。
[PR]
by knj79 | 2008-11-29 02:59 | 公共政策大学院(GSPP)

年末までの予定

完全に自分向けですが、年内の予定をまとめておきます。
サンクスギビング明けたら息つく暇、ないなあ。

12月1日(月) UC Village(世帯寮)に引っ越し

12月3日(水) サブプライム問題に関するポリシーメモ提出(Econ)
        ※オプションやハウジングマーケットについて勉強中。
        
        統計グループプレゼンテーション

12月4日(木) 統計プロブレムセット提出

12月5日(金) エネルギー気候変動緩和に関するポリシーメモ提出
        エネルギープロブレムセット提出

12月10日(水) 経済学プロブレムセット提出

12月12日(金) 経済学ファイナル

12月15日(月) エネルギーファイナル
         統計ファイナル

12月22日(月) 妻をお迎え

         自動車購入?

妻との新生活がとっても楽しみです。
それを頼りに15日まではがんばろう。
[PR]
by knj79 | 2008-11-29 02:52 | その他
先日のエントリでも予告したとおり、一昨日の木曜日、電気自動車のインフラ整備に関するベイエリアの目標を、カリフォルニアの偉い人たちが勢揃いして発表しました。このプレス発表は、かなり大きなニュースとして世界中に配信された模様です。

出席者は、シュワルツネッガー知事+ベイエリア各市の市長さんたち+バークレーの次世代自動車に関する研究所(所長はDan Kammen)などが集まりました。Dan Kammen先生に限らず、バークレーの先生方が何枚も噛んでいる様子。非常に野心的な取り組みなので、解説はまた追って。

Making Bay Area friendly for electric cars

Start-Up Plans Electric-Car Network

Bay area powers up for age of electric cars
[PR]
by knj79 | 2008-11-23 04:36 | 環境政策
本日の13時半から始まった下院本会議での予算審議が、先ほど22時過ぎにようやく終了しました。

これ、政治学の授業で毎年行われる、巨大な予算審議シミュレーション、通称バジェットプロジェクト。3週間にわたり、陰に陽に様々な謀略が尽くされた結果、僕の属していた民主党の予算を修正したものが可決されました。

下院議員約60人、大統領府5人、議会、プレス若干名がそれぞれの利害を予算に反映すべく行動。自分の属する委員会の目的や、地元の利害を予算に反映すべく、派閥を組み、拒否権を使い、あるときは数人で、あるときは派閥単位で交渉。最後まで読めない展開でしたが、僕にとっては満足のいく予算となりました。

例年真夜中の12時前後に予算が成立するのですが、今年は10時過ぎに終わり、なかなか交渉がうまくいった様子。

しかし、つ、つかれた・・・。

d0127680_15502241.jpg

d0127680_167872.jpg


d0127680_1674124.jpg

[PR]
by knj79 | 2008-11-22 15:49 | 公共政策大学院(GSPP)

原子力基礎の基礎

発電技術に関しては石油石炭(IGCCなど)、燃料電池、太陽電池、だいたい勉強したことがあったのですが、原子力だけはいままで手つかずでした。

今とっているエネルギーの授業で、原子力について勉強したので、基礎の基礎の原理だけ簡単にまとめておきます。完全に自分のための備忘録です。エネルギーの授業は素人にもわかるように教える技術がうまくて、原子力はたった2回でしたが、わかった気になれます。(間違っていたらご指摘ください)

・ 現行の原子力発電-> Fission(核分裂)の熱エネルギーを使う。あとは火力発電と同じくsteam turbineでrankin cycle。

・ 通常Fissionさせるisotopes: U-235, Pu-239, and U-233。通常奇数番号のisotopesしかfissionしない。偶数番号のisotopesは、neutronsを捕まえてfissileになる(たとえばU238->Pu239)

・ nuclei(原子核)がneutrons(中性子)を捕まえて、分裂。その時にneutronsを放出するので、そのneutronsをまたfissile materialが捕まえて、chain reaction(連鎖反応)。

・ chain reactionを定常状態で制御するということは、要はneutronsの生産と消費をバランスさせるということ。バランスしていると、"critical reaction"。neutronsが足りないと、"sub-critical"。多すぎると、"super critical"。原爆はこの"super critical"の状態になるようにデザインしている。

・ 制御のためには、light-water, heavy water, carbon(graphite)でneutronsを吸収。criticalになるように制御。
[PR]
by knj79 | 2008-11-21 11:08 | 環境政策
今日もちょっとマニアックですが、サンフランシスコクロニクルから、下院のエネルギー商業委員会の委員長が変わることによって燃費規制の強化等の気候変動対策の強化が進むのではという記事。

普通車の燃費規制の改定が長年行われてこなかったアメリカ、ついに潮目が変わるかもしれません。

こちらの議会もSeniority Ruleが基本。82歳のDingell議員(ミシガン州、民主党)がエネルギー商業委員長として自動車業界の守護神らしく活躍をしてきました。ミシガン州>デトロイト>ビッグ3。

その委員長の座に、カリフォルニア州選出の、より環境対策に熱心な"bulldog"Waxman議員が挑戦するというもの。現在の下院議長(Speaker)は同じくカリフォルニア州選出のペロシさんですから、Waman議員が委員長になると下院も環境重視になるのではないかと。

最近、バジェットプロジェクトのせいで、気分はデトロイトの利益を代表するミシガン州選出のDale Kildee下院議員ですから、なんとなくこういう記事を読んでも、うんうんうなづけてしまいます。こちらの議員のお仕事は、地元の利益をどれだけ国政に反映できるか、というもの。「加治隆介の議」とはま逆の世界です。

カリフォルニア州は精一杯サポートするでしょう。今後の動きを注目しましょう。
[PR]
by knj79 | 2008-11-21 09:37 | 環境政策
Governatorことシュワルツネッガー知事主催で、今日からLAにて、世界中の知事が集まる気候変動国際サミットが開催されています。国家レベルでも、中国の国家発展改革委などが参加。

Governer's Global Climate Summit

an international summit on global warming

Gov. Convenes Calif. Global Warming Summit

シュワルツネッガー知事の気候変動分野への意気込みは半端ではありません。木曜日には、シュワ知事からバークレーで電気自動車に関する重大な発表があるとか。楽しみです。


d0127680_12591745.jpg
記事には直接関係ないけど、サンフランシスコ市庁舎です。なんでカリフォルニアの空はこんなに青いんだろう?
[PR]
by knj79 | 2008-11-19 11:14 | 環境政策

change of pace

2週間前から、政治学と統計学の授業でグループプロジェクトが始まり、今までの授業と課題中心の生活から、打ち合わせ中心の生活にシフトした。アメリカ人4人に囲まれたプロジェクトでは、打ち合わせで全く貢献できてないこともある。とにかく、会話が早い。なれない。

もっと事前に準備をして、議論をリードしたりすべきなんだろうけど、課題の山に押されてできてない。来学期からは、ほとんどの授業がプロジェクトベースだから、早くこの形式になれなくっちゃいけない。

試行錯誤しながらがんばろう。
[PR]
by knj79 | 2008-11-19 10:05 | 公共政策大学院(GSPP)

NY->DC->Berkeley

先週は"DCトリップ"という1年生にとってはインターン探し、2年生にとっては就職活動のための学校の行事があり、火曜日から金曜日まで授業がありませんでした。

僕は月曜日の授業終了後NYへ飛び、それから日曜の午後にバークレーに戻ってくるまで、NY、DCでたくさんの方にお会いしました。貴重な時間を割いていただき、お世話をしていただき、お会いした方々には感謝の言葉もありません。

学校の行事としては、木曜日と金曜日に世界銀行、IMF、ブルックリングス研究所、米国連邦政府等の機関(国務省など)への訪問のほか、木曜の夜にはDCに勤務する卒業生を招いたレセプションがあり、そこでも活発なネットワーキングがおこなわれました。
DCエリアは、ベイエリアに次ぐGSPPの卒業生の勤務地であり、たとえば米国環境保護庁(EPA)の気候変動課長がGSPPの卒業生であったり、非常に頼もしく感じました。

この旅行を通じて強烈に考えさせられたことがあります。が、思うことが多すぎてうまくまとめられないので、また追って書きたいと思います。

お世話になった皆様、本当にどうもありがとうございました。

d0127680_123117.jpg

下の写真はbayaさんのブログより拝借させていただきました。
[PR]
by knj79 | 2008-11-18 12:22 | 公共政策大学院(GSPP)