2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

<   2009年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

オバマ大統領による予算教書演説

短いので全文アップ。
温室効果ガス(GHGs)の排出量取引を導入して収入源としつつ、環境対策に振り向けると。

明日計量経済学の中間試験なので今日はこの辺で・・・。

Thursday, February 26th, 2009 at 10:43 am
Remarks by the President on the Fiscal Year 2010 Budget

REMARKS BY THE PRESIDENT
ON THE FISCAL YEAR 2010 BUDGET
Dwight D. Eisenhower Executive Office Building, Room 350
February 26, 2009

9:55 A.M. EST

THE PRESIDENT: Before I begin, I have some good news to report. Starting today, the recently unemployed will benefit from a COBRA subsidy that will make health care affordable. At a time when health care is too often too expensive for the unemployed, this critical step will help 7 million Americans who've lost their jobs keep their health care. That's 7 million Americans who will have one less thing to worry about when they go to sleep at night. Equally important, it prevents a further downward spiral in our economy by ensuring that these families don't fall further behind because of mounting health care bills. And it is a direct result of the American Recovery and Reinvestment Act that I signed into law the other week -- a recovery plan that has only just begun to yield benefits for the American people.

But while we must add to our deficits in the short term to provide immediate relief to families and get our economy moving, it is only by restoring fiscal discipline over the long run that we can produce sustained growth and shared prosperity. And that is precisely the purpose of the budget I'm submitting to Congress today.

In keeping with my commitment to make our government more open and transparent, this budget is an honest accounting of where we are and where we intend to go. For too long, our budget has not told the whole truth about how precious tax dollars are spent. Large sums have been left off the books, including the true cost of fighting in Iraq and Afghanistan. And that kind of dishonest accounting is not how you run your family budgets at home; it's not how your government should run its budgets, either. We need to be honest with ourselves about what costs are being racked up -- because that's how we'll come to grips with the hard choices that lie ahead. And there are some hard choices that lie ahead.

Just as a family has to make hard choices about where to spend and where to save, so do we, as a government. You know, there are times where you can afford to redecorate your house and there are times where you need to focus on rebuilding its foundation. Today, we have to focus on foundations. Having inherited a trillion-dollar deficit that will take a long time for us to close, we need to focus on what we need to move the economy forward, not on what's nice to have. That's why, on Monday, I held a fiscal summit to come up with a plan to put us on a more sustainable path. And that is why, as we develop a full budget that will come out this spring, we're going to go through our books page by page, line by line, to eliminate waste and inefficiency. This is a process that will take some time, but in the last 30 days alone, we have already identified $2 trillion in deficit reductions that will help us cut our deficit in half by the end of my first term.

For example, Agriculture Secretary Vilsack is saving nearly $20 million with reforms to modernize programs and streamline bureaucracy. Interior Secretary Salazar will save nearly $200 million by stopping wasteful payments to clean up abandoned coal mines that just happen to have already been cleaned up. Education Secretary Duncan is set to save tens of millions dollars more by cutting an ineffective mentoring program for students, a program whose mission is being carried out by 100 other programs in 13 other agencies.

We've targeted almost $50 billion in savings by cracking down on overpayments of benefits and tax loopholes -- that is money going to businesses and people to which they are simply not entitled.

This is just the beginning of the cuts we're going to make. No part of my budget will be free from scrutiny or untouched by reform. We will end no-bid contracts that have wasted billions in Iraq and end tax breaks for corporations that ship jobs overseas. And we'll save billions of dollars by rolling back tax cuts for the wealthiest Americans while giving a middle-class tax cut to 95 percent of hardworking families. But we'll also have to do something more -- we will, each and every one of us, have to compromise on certain things we care about, but which we simply cannot afford right now. That's a sacrifice we're going to have to make.

Now, I know that this will not always sit well with the special interests and their lobbyists here in Washington, who think our budget and tax system is just fine as it is. No wonder -- it works for them. I don't think that we can continue on our current course. I work for the American people, and I'm determined to bring the change that the people voted for last November. And that means cutting what we don't need to pay for what we do.

Now, what I won't do -- as I mentioned at the Joint Session speech a couple of days ago -- what I won't do is sacrifice investments that will make America stronger, more competitive, and more prosperous in the 21st century; investments that have been neglected for too long. These investments must be America's priorities and that's what they will be when I sign this budget into law.

Because our future depends on our ability to break free from oil that's controlled by foreign dictators, we need to make clean, renewable energy the profitable kind of energy. That's why we'll be working with Congress on legislation that places a market-based cap on carbon pollution and drives the production of more renewable energy.

And to support this effort, we'll invest $15 billion a year for 10 years to develop technologies like wind power and solar power, and to build more efficient cars and trucks right here in America. It's an investment that will put people back to work, make our nation more secure, and help us meet our obligation as good stewards of the Earth we all inhabit.


Because of crushing health care costs and the fact that they drag down our economy, bankrupt our families, and represent the fastest-growing part of our budget, we must make it a priority to give every single American quality, affordable health care. That's why this budget builds on what we have already done over the last month to expand coverage for millions more children, to computerize health records to cut waste and reduce medical errors, which save, by the way, not only tax dollars, but lives.

With this budget, we are making a historic commitment to comprehensive health care reform. It's a step that will not only make families healthier and companies more competitive, but over the long term it will also help us bring down our deficit.

And because countries that out-teach us today will out-compete us tomorrow, we must make excellence the hallmark of an American education. That's why this budget supports the historic investment in education we made as part of the recovery plan by matching new resources with new reform. We want to create incentives for better teacher performance and pathways for advancement. We want to reward success in the classroom. And we'll invest in innovative initiatives that will help schools meet high standards and close achievement gaps, preparing students for the high-paying jobs of tomorrow -- but also helping them fulfill their God-given potential.

These must be the priorities reflected in our budget. For in the end, a budget is more than simply numbers on a page. It is a measure of how well we are living up to our obligations to ourselves and one another. It is a test for our commitment to making America what it was always meant to be -- a place where all things are possible for all people. That is a commitment we are making in this, my first budget, and it is a commitment I will work every day to uphold in the months and years ahead.

I want to thank all of you for being here, but I also want to give a special thanks to Peter Orszag, Rob Nabors. They have been working tirelessly in getting this budget prepared, getting it out in a timely fashion. They're going to be doing more work in the weeks to come. And I am absolutely confident that as messy as this process can sometimes be, that we are going to be able to produce a budget that delivers for the American people.

All right. Thank you.

[PR]
by knj79 | 2009-02-27 15:22 | 環境政策 | Trackback | Comments(0)

オバマ大統領施政演説

オバマ大統領が連邦議会(上院・下院の共同のもの)で施政演説をしました。大統領が議会に姿を現す数少ない機会です。

President Obama’s Address to Congress
Obama Assures Nation: ‘We Will Rebuild’

エネルギー、ヘルスケア、教育。予算の柱はこれら3つになるようです。エネルギーのところだけ抜粋。

It begins with energy.

We know the country that harnesses the power of clean, renewable energy will lead the 21st century. And yet it is China that has launched the largest effort in history to make their economy energy efficient. We invented solar technology, but we've fallen behind countries like Germany and Japan in producing it. New plug-in hybrids roll off our assembly lines, but they will run on batteries made in Korea.

Well, I do not accept a future where the jobs and industries of tomorrow take root beyond our borders, and I know you don't, either. It is time for America to lead again.

(APPLAUSE)

Thanks to our recovery plan, we will double this nation's supply of renewable energy in the next three years. We've also made the largest investment in basic research funding in American history, an investment that will spur not only new discoveries in energy, but breakthroughs in medicine, in science and technology.

We will soon lay down thousands of miles of power lines that can carry new energy to cities and towns across this country. And we will put Americans to work making our homes and buildings more efficient so that we can save billions of dollars on our energy bills.

OBAMA: But to truly transform our economy, to protect our security and save our planet from the ravages of climate change, we need to ultimately make clean, renewable energy the profitable kind of energy.

So I ask this Congress to send me legislation that places a market-based cap on carbon pollution and drives the production of more renewable energy in America. That's what we need.

(APPLAUSE)

And to support -- to support that innovation, we will invest $15 billion a year to develop technologies like wind power and solar power (OTCBB:SOPW) , advanced biofuels, clean coal, and more efficient cars and trucks built right here in America.



感想はまた追って。
[PR]
by knj79 | 2009-02-25 15:26 | 環境政策 | Trackback | Comments(2)
抽象的ですが、考えのメモ。


世の中には、止めようとしてもなかなか止められないことがたくさんある。


それに適切に、有効に対処することが、すなわち政策の存在意義なのだと思う。


環境政策に限らず。


対応の仕方は3つある。

① とはいえ止める。本来向かうはずの方向とは逆のインセンティブを与えて、何としても止める。

② 真正面から止めるのを諦めて、その対象がある方向に向かう力をうまく利用して持っていきたい方向にずらす。結果として目的を達成する。

③ 止められないものが運よく芽の段階で見つかった時は、早く摘む。問答無用で摘む。

どういうときに使えるかというと、

①が可能なのは、それを看過することによって甚大な損失が生じることが明白な時。かつ、止めるにもこちらの多大なリソースが必要なので、その数が少ない時にのみ適用が可能。

②が一番汎用的で、こういうときにしか使えない、ということはない。

③が可能なのは、将来甚大な損失を生じるであろう事象が明白なとき。とはいえ、起こっていないことが「明白」なことはまずなく、反対も大きい。

そして、僕はアメリカに②を学びに来たのだと思う。
[PR]
by knj79 | 2009-02-23 08:35 | 環境政策 | Trackback | Comments(0)
カリフォルニア州で温暖化対策政策(気候変動政策)にかかわる人たちは、自分たちの政策が世界最先端だと信じて疑っていない。確かに、政策体系を学ぶにつれ、これはなかなか大したものだと思うようになった。さらに、2012年までには、さらに進んだ地域になる可能性は高い。

日本ではそれほど知られていないかもしれないが、カリフォルニア州では、官民が連携してすごいスピードで物事が進んでいる。2006年に地球温暖化対策法(Global Warming Solution Act: so called "AB32")が制定。昨年(2008年)12月に具体的な対策をまとめたScoping PlanをCARB(California Air Resource Board)が承認。これを受けて2010年までに関係法令をすべて制定し、2012年から施行することとなっている。詳細は後述する。

そして、これまでに得た情報から、カリフォルニアこそ、イノベーションをてこに世界初の低炭素社会を作ってしまう「国(State)」ではないかと思うようになった(なお、カリフォルニアは、人口、州内総生産、州政府の法的な権限、どれをとっても国と呼んで差支えないレベルの地域だ)。なぜなら、これほど低炭素社会を作るのための必要条件がそろった場所は、世界を見渡してもないからだ。

カリフォルニアの特殊性を、UC DavisのDaniel Sperling教授らは、著書"Two Billion Cars"でこうまとめている。

・ Visionary political leadership(シュワルツネッガー知事の超党派の(Bipartisan)リーダーシップ)

・ Experienced government agencies(CARB等、世界の自動車規制をリードしてきた環境政策を担当する経験豊富な州政府)

・ Accomplished research institutions(世界のトップ10に入る研究機関であるUCバークレー、スタンフォード、Cal tech+ローレンスバークレーやロスアラモス等の国立研究機関)

・ Technically sophisticated entrepreneurs(シリコンバレーのアントレプレナー・技術者)

・ A large venture capital community(イノベーションに資金を供給し、経営を指南するベンチャーキャピタルの集積)

・ Environmentally savvy consumers and voters(世界で最も環境意識が高いとも言われるカリフォルニア州の消費者、有権者たち)

(続く)
[PR]
by knj79 | 2009-02-22 10:07 | 環境政策 | Trackback | Comments(0)
もうネット上では出尽くしているのでしょうが、今更ながら村上春樹さんのエルサレム賞授賞式の講演全文。

様々な批判はあるでしょうが、個人的には彼の今回の行動に敬意を表したいと思います。個人として、世界に対して自分の意見を慎重に、しかし明確に述べることのできる日本人を誇りに思うし、そして何より、彼の作品でも繰り返されるテーマ―システムに対峙し苦闘する個人に対する共感と希望―に心を動かされました。それはおそらく、ガザにおける救いようのない現実がこのテーマの極限状態であるからかもしれません。

僕の感想はさておき、抜粋しか読まれていない方は、以下の全文をどうぞ。

【日本語全訳】村上春樹さん「エルサレム賞」授賞式講演全文
(47news(http://www.47news.jp/47topics/e/93879.php)より、以下に引用します。)

こんばんは。わたしは今日、小説家として、つまり嘘を紡ぐプロという立場でエルサレムに来ました。
 

 もちろん、小説家だけが嘘をつくわけではありません。よく知られているように政治家も嘘をつきます。車のセールスマン、肉屋、大工のように、外交官や軍幹部らもそれぞれがそれぞれの嘘をつきます。しかし、小説家の嘘は他の人たちの嘘とは違います。小説家が嘘を言っても非道徳的と批判されることはありません。それどころか、その嘘が大きければ大きいほど、うまい嘘であればいっそう、一般市民や批評家からの称賛が大きくなります。なぜ、そうなのでしょうか?


 それに対する私の答えはこうです。すなわち、上手な嘘をつく、いってみれば、作り話を現実にすることによって、小説家は真実を暴き、新たな光でそれを照らすことができるのです。多くの場合、真実の本来の姿を把握し、正確に表現することは事実上不可能です。だからこそ、私たちは真実を隠れた場所からおびき出し、架空の場所へと運び、小説の形に置き換えるのです。しかしながら、これを成功させるには、私たちの中のどこに真実が存在するのかを明確にしなければなりません。このことは、よい嘘をでっち上げるのに必要な資質なのです。


 そうは言いながらも、今日は嘘をつくつもりはありません。できる限り正直になります。嘘をつかない日は年にほんのわずかしかないのですが、今日がちょうどその日に当たったようです。


 真実をお話しします。日本で、かなりの数の人たちから、エルサレム賞授賞式に出席しないように、と言われました。出席すれば、私の本の不買運動(ボイコット)を起こすと警告する人さえいました。これはもちろん、ガザ地区での激しい戦闘のためでした。国連の報告では、封鎖されたガザ市で1000人以上が命を落とし、彼らの大部分は非武装の市民、つまり子どもやお年寄りであったとのことです。


 受賞の知らせを受けた後、私は何度も自問自答しました。このような時期にイスラエルへ来て、文学賞を受けることが果たして正しい行為なのか、授賞式に出席することが戦闘している一方だけを支持しているという印象を与えないか、圧倒的な軍事力の行使を行った国家の政策を是認することにならないか、と。私はもちろん、このような印象を与えたくありません。私は戦争に反対ですし、どの国家も支持しません。もちろん、私の本がボイコットされるのも見たくはありません。


 しかしながら、慎重に考慮した結果、最終的に出席の判断をしました。この判断の理由の一つは、実に多くの人が行かないようにと私にアドバイスをしたことです。おそらく、他の多くの小説家と同じように、私は人に言われたことと正反対のことをする傾向があるのです。「行ってはいけない」「そんなことはやめなさい」と言われると、特に「警告」を受けると、そこに行きたくなるし、やってみたくなるのです。これは小説家としての私の「気質」かもしれません。小説家は特別な集団なのです。私たちは自分自身の目で見たことや、自分の手で触れたことしかすんなりとは信じないのです。


 というわけで、私はここにやって参りました。遠く離れているより、ここに来ることを選びました。自分自身を見つめないことより、見つめることを選びました。皆さんに何も話さないより、話すことを選んだのです。
 ここで、非常に個人的なメッセージをお話しすることをお許しください。それは小説を書いているときにいつも心に留めていることなのです。紙に書いて壁に貼ろうとまで思ったことはないのですが、私の心の壁に刻まれているものなのです。それはこういうことです。


 「高くて、固い壁があり、それにぶつかって壊れる卵があるとしたら、私は常に卵側に立つ」ということです。


 そうなんです。その壁がいくら正しく、卵が正しくないとしても、私は卵サイドに立ちます。他の誰かが、何が正しく、正しくないかを決めることになるでしょう。おそらく時や歴史というものが。しかし、もしどのような理由であれ、壁側に立って作品を書く小説家がいたら、その作品にいかなる価値を見い出せるのでしょうか?


 この暗喩が何を意味するのでしょうか?いくつかの場合、それはあまりに単純で明白です。爆弾、戦車、ロケット弾、白リン弾は高い壁です。これらによって押しつぶされ、焼かれ、銃撃を受ける非武装の市民たちが卵です。これがこの暗喩の一つの解釈です。

 
 しかし、それだけではありません。もっと深い意味があります。こう考えてください。私たちは皆、多かれ少なかれ、卵なのです。私たちはそれぞれ、壊れやすい殻の中に入った個性的でかけがえのない心を持っているのです。わたしもそうですし、皆さんもそうなのです。そして、私たちは皆、程度の差こそあれ、高く、堅固な壁に直面しています。その壁の名前は「システム」です。「システム」は私たちを守る存在と思われていますが、時に自己増殖し、私たちを殺し、さらに私たちに他者を冷酷かつ効果的、組織的に殺させ始めるのです。


 私が小説を書く目的はただ一つです。個々の精神が持つ威厳さを表出し、それに光を当てることです。小説を書く目的は、「システム」の網の目に私たちの魂がからめ捕られ、傷つけられることを防ぐために、「システム」に対する警戒警報を鳴らし、注意を向けさせることです。私は、生死を扱った物語、愛の物語、人を泣かせ、怖がらせ、笑わせる物語などの小説を書くことで、個々の精神の個性を明確にすることが小説家の仕事であると心から信じています。というわけで、私たちは日々、本当に真剣に作り話を紡ぎ上げていくのです。


 私の父は昨年、90歳で亡くなりました。父は元教師で、時折、僧侶をしていました。京都の大学院生だったとき、徴兵され、中国の戦場に送られました。戦後に生まれた私は、父が朝食前に毎日、長く深いお経を上げているのを見るのが日常でした。ある時、私は父になぜそういったことをするのかを尋ねました。父の答えは、戦場に散った人たちのために祈っているとのことでした。父は、敵であろうが味方であろうが区別なく、「すべて」の戦死者のために祈っているとのことでした。父が仏壇の前で正座している輝くような後ろ姿を見たとき、父の周りに死の影を感じたような気がしました。

 
 父は亡くなりました。父は私が決して知り得ない記憶も一緒に持っていってしまいました。しかし、父の周辺に潜んでいた死という存在が記憶に残っています。以上のことは父のことでわずかにお話しできることですが、最も重要なことの一つです。


 今日、皆さんにお話ししたいことは一つだけです。私たちは、国籍、人種を超越した人間であり、個々の存在なのです。「システム」と言われる堅固な壁に直面している壊れやすい卵なのです。どこからみても、勝ち目はみえてきません。壁はあまりに高く、強固で、冷たい存在です。もし、私たちに勝利への希望がみえることがあるとしたら、私たち自身や他者の独自性やかけがえのなさを、さらに魂を互いに交わらせることで得ることのできる温かみを強く信じることから生じるものでなければならないでしょう。

 
 このことを考えてみてください。私たちは皆、実際の、生きた精神を持っているのです。「システム」はそういったものではありません。「システム」がわれわれを食い物にすることを許してはいけません。「システム」に自己増殖を許してはなりません。「システム」が私たちをつくったのではなく、私たちが「システム」をつくったのです。
 これが、私がお話ししたいすべてです。

 
 「エルサレム賞」、本当にありがとうございました。私の本が世界の多くの国々で読まれていることはとてもうれしいことです。イスラエルの読者の方々にお礼申し上げます。私がここに来たもっとも大きな理由は皆さんの存在です。私たちが何か意義のあることを共有できたらと願っています。今日、ここでお話しする機会を与えてくださったことに感謝します。ありがとうございました。(仮訳=47NEWS編集部)


【英語全文】村上春樹さん「エルサレム賞」授賞式講演

以下の英文は村上春樹さんが講演を終えたあと共同通信エルサレム支局の長谷川健司特派員(支局長)がエルサレム賞主催者から提供を受けたテキストが基になっています。しかし、実際の講演はこれに少し修正が加えられていました。当日、長谷川特派員が授賞式会場の取材で録音したレコーダーを聞きなおし、実際に村上さんが話した通りに再現したものです。(47NEWS編集部)
(日本語訳全文を読む 講演要旨を読む 授賞式の動画を見る)
▼日本各地の新聞社コラムと関連記事を読む

“Jerusalem Prize” Remarks

Good evening. I have come to Jerusalem today as a novelist, which is to say as a professional spinner of lies.
Of course, novelists are not the only ones who tell lies. Politicians do it, too, as we all know. Diplomats and generals tell their own kinds of lies on occasion, as do used car salesmen, butchers and builders. The lies of novelists differ from others, however, in that no one criticizes the novelist as immoral for telling lies. Indeed, the bigger and better his lies and the more ingeniously he creates them, the more he is likely to be praised by the public and the critics. Why should that be?

My answer would be this: namely, that by telling skilful lies--which is to say, by making up fictions that appear to be true--the novelist can bring a truth out to a new place and shine a new light on it. In most cases, it is virtually impossible to grasp a truth in its original form and depict it accurately. This is why we try to grab its tail by luring the truth from its hiding place, transferring it to a fictional location, and replacing it with a fictional form. In order to accomplish this, however, we first have to clarify where the truth-lies within us, within ourselves. This is an important qualification for making up good lies.

Today, however, I have no intention of lying. I will try to be as honest as I can. There are only a few days in the year when I do not engage in telling lies, and today happens to be one of them.
So let me tell you the truth. In Japan a fair number of people advised me not to come here to accept the Jerusalem Prize. Some even warned me they would instigate a boycott of my books if I came. The reason for this, of course, was the fierce fighting that was raging in Gaza. The U.N. reported that more than a thousand people had lost their lives in the blockaded city of Gaza, many of them unarmed citizens--children and old people.

Any number of times after receiving notice of the award, I asked myself whether traveling to Israel at a time like this and accepting a literary prize was the proper thing to do, whether this would create the impression that I supported one side in the conflict, that I endorsed the policies of a nation that chose to unleash its overwhelming military power. Neither, of course, do I wish to see my books subjected to a boycott.
Finally, however, after careful consideration, I made up my mind to come here. One reason for my decision was that all too many people advised me not to do it. Perhaps, like many other novelists, I tend to do the exact opposite of what I am told. If people are telling me-- and especially if they are warning me-- “Don’t go there,” “Don’t do that,” I tend to want to “go there” and “do that”. It’s in my nature, you might say, as a novelist. Novelists are a special breed. They cannot genuinely trust anything they have not seen with their own eyes or touched with their own hands.
And that is why I am here. I chose to come here rather than stay away. I chose to see for myself rather than not to see. I chose to speak to you rather than to say nothing.

Please do allow me to deliver a message, one very personal message. It is something that I always keep in mind while I am writing fiction. I have never gone so far as to write it on a piece of paper and paste it to the wall: rather, it is carved into the wall of my mind, and it goes something like this:

“Between a high, solid wall and an egg that breaks against it, I will always stand on the side of the egg.”

Yes, no matter how right the wall may be and how wrong the egg, I will stand with the egg. Someone else will have to decide what is right and what is wrong; perhaps time or history will do it. But if there were a novelist who, for whatever reason, wrote works standing with the wall, of what value would such works be?
What is the meaning of this metaphor? In some cases, it is all too simple and clear. Bombers and tanks and rockets and white phosphorus shells are that high wall. The eggs are the unarmed civilians who are crushed and burned and shot by them. This is one meaning of the metaphor.

But this is not all. It carries a deeper meaning. Think of it this way. Each of us is, more or less, an egg. Each of us is a unique, irreplaceable soul enclosed in a fragile shell. This is true of me, and it is true of each of you. And each of us, to a greater or lesser degree, is confronting a high, solid wall. The wall has a name: it is “The System.” The System is supposed to protect us, but sometimes it takes on a life of its own, and then it begins to kill us and cause us to kill others--coldly, efficiently, systematically.

I have only one reason to write novels, and that is to bring the dignity of the individual soul to the surface and shine a light upon it. The purpose of a story is to sound an alarm, to keep a light trained on the System in order to prevent it from tangling our souls in its web and demeaning them. I truly believe it is the novelist’s job to keep trying to clarify the uniqueness of each individual soul by writing stories--stories of life and death, stories of love, stories that make people cry and quake with fear and shake with laughter. This is why we go on, day after day, concocting fictions with utter seriousness.

My father passed away last year at the age of ninety. He was a retired teacher and a part-time Buddhist priest. When he was in graduate school in Kyoto, he was drafted into the army and sent to fight in China. As a child born after the war, I used to see him every morning before breakfast offering up long, deeply-felt prayers at the small Buddhist altar in our house. One time I asked him why he did this, and he told me he was praying for the people who had died in the battlefield. He was praying for all the people who died, he said, both ally and enemy alike. Staring at his back as he knelt at the altar, I seemed to feel the shadow of death hovering around him.
My father died, and with him he took his memories, memories that I can never know. But the presence of death that lurked about him remains in my own memory. It is one of the few things I carry on from him, and one of the most important.

I have only one thing I hope to convey to you today. We are all human beings, individuals transcending nationality and race and religion, and we are all fragile eggs faced with a solid wall called The System. To all appearances, we have no hope of winning. The wall is too high, too strong--and too cold. If we have any hope of victory at all, it will have to come from our believing in the utter uniqueness and irreplaceability of our own and others’ souls and from our believing in the warmth we gain by joining souls together.
Take a moment to think about this. Each of us possesses a tangible, living soul. The System has no such thing. We must not allow the System to exploit us. We must not allow the System to take on a life of its own. The System did not make us: we made the System.
That is all I have to say to you.

I am grateful to have been awarded the Jerusalem Prize. I am grateful that my books are being read by people in many parts of the world. And I would like to express my gratitude to the readers in Israel. You are the biggest reason why I am here. And I hope we are sharing something, something very meaningful. And I am glad to have had the opportunity to speak to you here today. Thank you very much.

[PR]
by knj79 | 2009-02-22 05:42 | 村上春樹 | Trackback | Comments(5)
前職でいつも思っていたのは、「1週間でいいから、じっくり一つの問題についてとことん考えてみたい」ということ。目の前の仕事に追いまくられて、おかげで吸収力は早くなったし、政策立案の実務も学び、視野も大きく広がったけれど、ひとつのことをじっくり考える時間は優先順位が低かった。たぶんそんなことしてたら、仕事にならなかった。

それを考えると、今のなんと贅沢なことか。学生というノーリスクの環境で、多少変なことをしたり言ったりしても、誰に迷惑をかけるわけでもない。

留学に求めることとして、各人それぞれ違うものがあるだろう。僕の場合は、大学院生として与えられた権利、すなわちいくらでも考える時間、人に会って議論する時間、膨大な論文や記事のデータベースにアクセスする権利、こういったものを活用して、とことん考え、とことん議論し、とことん調べて自分なりのビジョンや確信を持ち帰ることが、この留学に一番求めることなのかと思う。

そしてこのブログには、まとまりのない状態の考えが多数のることになると思います。議論にお付き合いいただけると嬉しいです。
[PR]
by knj79 | 2009-02-21 04:03 | 公共政策大学院(GSPP) | Trackback | Comments(0)
オバマ大統領も、これまでの外交の慣例通り初外遊はカナダに行きましたね。主要アジェンダは2つ。貿易と環境だそうです。

しかし、オバマ大統領、就任からわずか1か月ですさまじいスピードで山積する課題に対応しています。

環境の側面からすると、カナダと言えばタールサンド。Extra-heavy oilとも呼ばれる、粘度の高い原油です。こいつを世界一埋蔵するカナダは、いち早く商業化して莫大な利益を得たい。

でも、タールサンドというのは軽質の原油が揮発したあとの残りのようなものなので、とりだすのにも輸送にもとにかくエネルギーを使って二酸化炭素もだしまくる。今の原油価格($40前後)なら商売として成り立つかは微妙だが、この夏のようなOver$100/barrelなら十分利益がでる。技術開発が進めば損益分岐点もずいぶん下がってくるので、カナダとしては開発をしたくてたまらない。

一方、環境NGO(Sierra ClubやEnvironmental Defense Fund)はこのタールサンドを「地球上でもっとも汚い燃料」として使用しないようオバマ大統領に求めています。これももっともな話。

そんなわけで、カナダ側としては、石油輸出の一番のお得意様であるアメリカにこのタールサンドの使用をお願いしたいし(まあ、アメリカがだめなら中国に輸出するよということらしいですが)、環境NGOとしては、オバマ大統領に強くつっぱねてほしいとお願いしたい。というような状況で、大統領、どうするのかしらと思っていました。

で、結果はこんな感じ。

Environment, trade on Obama's agenda in Canada

タールサンドを使わないとはやっぱりいいませんでしたね。発電時に排出した二酸化炭素を分離して貯留。いわゆるCCS(CO2回収・貯留)をするという方向のようです。カナダはタールサンド、アメリカは石炭、ともにエネルギーあたりの二酸化炭素排出が大きい燃料をそれぞれ世界一埋蔵しているだけに、考えることは同じでしたね。そのカードを捨てるのはあまりにナイーブすぎる。

なお、これもまた書きますが、カナダの産業界は、カリフォルニア州政府に対してロビイングを強化しています。それはこのタールサンドの件です。また今度書きます。
[PR]
by knj79 | 2009-02-20 12:43 | 環境政策 | Trackback | Comments(0)
E.P.A. Expected to Regulate Carbon Dioxide

いろいろ時間がないので記事だけ貼り付けておきます。アメリカ連邦政府がClean Air Act(日本でいう大気汚染防止法)によって二酸化炭素を規制、と以前より報じられてきた件の続報です。二酸化炭素はそもそも汚染物質か?という疑問は当然あり、論争になっていたのですが、2007年春に最高裁が「二酸化炭素は大気汚染物質と考えられる」という判決をだしました。当時、このニュースを職場で読んで、大胆なことをするもんだなと驚いたものです。

ちなみに、この最高裁判決、カリフォルニア州の温室効果ガス規制への道筋を切り開いたという点で、カリフォルニア州にとって、非常に大きな意味を持っています。これなしにはカリフォルニア州政府は二酸化炭素規制をすることができなかったのです。このへんは次のエントリで。
[PR]
by knj79 | 2009-02-19 14:59 | 環境政策 | Trackback | Comments(0)
最近、いろいろな授業で気候変動やエネルギー資源に関する論文・本を読み漁っている。できるだけひとつの論に偏ることなく、ま逆の立場の論文も読んでいる。

そうすると、「どっちがほんとなんだー!」と脳が疲れてくるんだけど、むしろこれは当たり前のことなのだと気を納めて考える。

環境政策が複雑になるひとつの理由は、科学と政治の接点であるから。意思決定には、科学者の提供する「科学的な情報」に頼らざるをえない。それと同時に、政治(社会の意思の総体)としての実施可能性を常に頭に置かないといけない。

それらが拮抗する場所に、環境政策は、いる。

この前のエントリにも書いたとおり、すべての科学は、その定義からして(by definition)常に仮説である。特に、実験系でない科学や新しい科学の場合には、その仮説が検証されて科学者コミュニティーの意見が完全な一致に至ることが難しい。そう、気候変動やピークオイルのこと。

つまり、常に不確実性が付きまとう。こうすればいい、という方向性は一意には決まらない。今読んでいる石油の埋蔵量に関するテーマの論文は、当該分野の最先端を行くGeologist同士でも意見が全く異なることが多い。

だから、環境政策を作る時には、その不確実性を、最善の方法で扱わないといけない。一番ありがちなのは、不確実性を逆手にとり、政治的な実現性から逆算して政策を決めること。そこに実は科学は存在しない。水俣病の悲劇を忘れちゃいけない。

科学を最大限活用しつつ、不確実性を扱うこと。そのために必要なのは、科学者の協力であり、政策コミュニティの科学に関する理解であり、経済学やファイナンス、意思決定科学等の不確実性に対処する知的な蓄積なのかなと思う。
[PR]
by knj79 | 2009-02-17 04:46 | 環境政策 | Trackback | Comments(2)
妻と朝食を食べながらCNNを見ていたら、「ヒラリー国務長官が日本に到着しました」というニュースが。

CNNの解説によると、今回は
1.経済危機
2.北朝鮮問題(特に拉致)
3.気候変動問題
の3点について日本と意見交換をする様子。

「今回は各国で市民との対話をするヒラリー長官、日本では東大で集会をします」と言ってました。隣で妻が「えー!」。一般公開の場合、こういう大物の講演は3時間とか5時間とか並ばないと入場できないことが多いですが、ヒラリーさんが日本に来るのは任期中はそうそうないと思うので、もし一般公開されるなら学生の皆さんはチャレンジされてはいかがでしょうか。
[PR]
by knj79 | 2009-02-17 03:33 | 環境政策 | Trackback | Comments(0)