2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

<   2009年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

政策は誰が作るのか

いろいろあって何も書けなかったのだが、放置を続けるとこのまま書かなくなってしまいそうなので、とりあえず何か書こうと思う。

僕は今民間企業で働いているわけだが、扱っている内容は政策とビジネスにまたがる領域だ。チームのメンバーも、半数くらいが政府(州政府、ホワイトハウス、連邦政府機関)での勤務経験があり、政策系のシンクタンク・コンサルでの勤務も含めれば、その数はもっと増える。持っている学位も、MPP、MBA、JDの混成部隊。

このように、政策立案の分野で、官民の人材が入れ替わることを、リボルビングドアという。政府、企業のGovernment relations、大学、NGO、ロビイングファーム(ローファーム)、シンクタンク。場所は違えど、彼らがやっていることは、政策を作り、議会などの場で影響力を行使してその政策を実現させること。政策立案を担う政策プロフェッショナルの人材プールが、アメリカではとても分厚い。

政策は誰が作るのか。

アメリカでは、利害関係者全員、というのがその答えだと思う。政治学でいうところのPluralismである。民主主義国家である以上、各アクターがあらゆる手段を使ってその利害を政策に反映させるようとする。その総体が政策立案のプロセスだ。それを今のインターン先で実感している。

そして、同僚や同級生と話していると、どこにいようと、自分たちがやることは、自分の信じる政策を立案し、実施することなのだから、職を変わることにはあまりこだわりはないみたいだ。パブリックな仕事がしたいから、世の中にインパクトを与える仕事がしたいから、政策を作り続けたい。でも、その場所は、政府でも、ローファームでも、企業でもいい、というのが彼らの意見のようだ。さらにいえば、それぞれ違う立場から同じ問題を見てみたい、というのもあるらしい。

日本でも、政策に携わる人材は、それぞれの機関の特色を踏まえ、どこで自分が一番機能するか、輝けるかを考え、能動的にキャリアを選んでいく必要がある。そういう時代がもうそこまで来ている。
[PR]
by knj79 | 2009-07-11 17:55 | 環境政策 | Trackback | Comments(2)