2008年7月から2年間、カリフォルニア大学バークレー校 公共政策大学院に留学しています。まとまりのないひとりごとです。


by knj79

<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

割引率雑感

修論でエクセルのモデルを組み、シナリオを立てて中期的なコスト計算をしている。

そこで、やはり割引率を何パーセントに設定するかというのが、データの見せ方で決定的な役割を果たすことを実感する。

簡単にいえば、将来発生するコストを小さく見積もりたいときは割引率を大きくすればいいし(「大してコストかかりませんよ!」というストーリー)、その逆に、コストを大きく見積もりたいときは割引率を小さく設定すればいい(「将来は大変だ!」というストーリー)。

社会的な割引率の設定に関する正しい答えはなくて(計量経済的に計算することもできるが、気候変動のような超長期にわたる問題の場合、僕はそのやり方を支持しない。子供を持つ親として、子供たちが受け取る未来のことを現在の50%にディスカウントするって、実感にあわなさすぎる)、政策の意思決定をする人が知っておくべきなのは、長期にわたる費用便益分析は、割引率に対して非常に感度が高い(割り引き率ひとつで結果は大きく変わってしまう)ということ。

もうひとつ、社会的割引率の含意は、将来はもっと成長して豊かになっているはず、というもの。気候変動で経済学者の方々が言うのは、将来の世代はもっと豊かになっているのだから、彼らに比べて貧しい現代世代が今対応するよりも、科学の進歩した将来世代が取り組むべきというわけだ。3%成長を50年間続ければ、物質的には4倍以上豊かになる計算だ。全世界的にはそういう考え方もあることもわかるが(賛成はしない)こと日本に関していうと、バブルがはじけ、それからずっと停滞に沈む日本で暮らしていると、これもちょっと実感とあわないなあ。
[PR]
by knj79 | 2010-03-14 13:52 | その他 | Trackback | Comments(2)

議論とは

東海岸の大学院で経済学を学ぶ友人に、なぜアメリカの経済学のレベルが世界で突出しているのかを聞いてみたことがある。彼の意見は、トップの研究者同士が議論をする場がふんだんにあること、というものだった。論文に出たときにはその分野ははるか先を行っているし、本当の最先端はひざを突き合わせての議論の中にあると。だから、日本に帰って経済学を研究するのはハンデがあるのだと。

面と向かっての議論は、短時間で何度も何度も繰り返されるフィードバックだ。そのフィードバックサイクルを数多くまわすことによって、ひとつのアイデアは検証され、新たな視点を得、進化していく。

政策を作るときでも、研究を進めるときでも、どんな会議をするときでも、このフィードバックの量と質を高めていくことが大事だ。
[PR]
by knj79 | 2010-03-12 09:59 | その他 | Trackback | Comments(2)
温室効果ガス25%削減という大きな目標を前にすると、とにかく考え付く政策を全部やらないといけないかのように錯覚してしまうけれど、それは一番してはいけないことだと思う。

目的関数はなにで、目標を達成するために最もコストの小さい方法は何かを明らかにしておく必要がある。ここでいうコストとは、現在だけのコストではなくて、イノベーションも加味した長期的なコストのことをいう。

目的関数は、温室効果ガスの削減だけでなくてもよい。世界で爆発的に拡大するクリーンテック市場を目指した輸出の拡大でもよいし、公共投資の削減に疲弊する地方経済における雇用の創出であってもいい。

大切なのは、それらの目的関数をどんぶり勘定にせずに、きちんと切り分けた上で何を狙っていくかを明確にしておくことだ。

そして、何を政策目的に選ぶとしても、コストを度外視することは論外だ。国民負担は最小限にとどめなければいけない。過大な負担を強いて、国民の信頼を失うことほど、環境政策に長期的なダメージを与えるものはない。

大胆かつ慎重に制度設計をしていく必要がある。
[PR]
by knj79 | 2010-03-11 10:31 | 環境政策 | Trackback | Comments(2)

合格発表

GSPPは先週から、メールで合格通知を送付しはじめました。今年もとても厳しい選抜だったようです。受験された方には本当にお疲れ様でしたといいたいです。
[PR]
by knj79 | 2010-03-10 14:18 | 公共政策大学院(GSPP) | Trackback | Comments(0)
アメリカのシンクタンクの政策提言(ポリシーペーパー)を読んでいて思うのは、内容や手法というより、そのフレーミング(枠組みの設定方法)のうまさだ。日本人的感覚からすると、書き方がうまいだけじゃないというかもしれないけど、政策提言は社会科学の論文ではないのだから、政策決定者の心に届くように、そして行動を促すように書かれていることが一番重要だと思う。

(GSPPのEight-fold pathでいえば、8番目のステップ"Tell your story"だ。このStoryの作り方がうまい。)

アメリカでは気候変動政策を、新しい産業・雇用創出政策として位置づけ、プレゼンテーションしていることが多い。これは実は今に始まった話ではなく、1990年代には研究者によって提案され、2000年代の初頭から政府の文書(特に州政府の文書)に書き込まれてきた。

厳密に、科学的にそれはいえないんじゃないかという内容もあるけれど、文章、グラフ、数字の使い方にはうならされてしまうことしきりだ。この辺はまねしたいな。
[PR]
by knj79 | 2010-03-09 06:59 | 環境政策 | Trackback | Comments(0)
GSPPの開校当時の卒業生(MPP'71)である、VenemanさんとGSPPの在校生との懇談会が開催された。こういうセミナーはしょっちゅうあって、参加したあとはいつも何か書き残そうと思うのだが、思うだけである。これからは心に残った言葉だけでも書き残そうと思う。
d0127680_6432175.jpg

WikipediaのVenemanさんの紹介

カリフォルニア州では農務長官、連邦政府で農務次官、農務長官を歴任した後、ここ5年間はUNICEFのトップを勤めていらっしゃる。貫禄のある、鉄の女性という印象であった。

ハイチの現状や開発一般についての話ももちろん面白かったのだが、キャリアについて2つ印象深いことをおっしゃった。

1.自分がこのようなキャリアを歩むとはまったく予想していなかった。機会が現れたら、それが考えたこともなかったものでも、つかんでみることが大事だ。それが若い人に一番いいたいこと。キャリアは計画して作っていくものではない。

2.開発の世界には、プロジェクトを作れる人はたくさんいるのだが、政策を作れる人はほとんどいない。開発の世界では、外部からプロジェクトを持ち込んで一回きりで終わらせることなんてできない。援助をする国の政府を説得して一緒に仕事をすることが、持続的な効果を生む。GSPPで政府の仕事を理解し、政策を作る能力を身に着けたことは、開発の世界でも必ず生きる。



[PR]
by knj79 | 2010-03-04 10:46 | 公共政策大学院(GSPP) | Trackback | Comments(2)
WordにThesaurusがついていることを、いまさら気づいた。これまでわざわざ紙のシソーラスで調べていたので、早く気づいておくべきだった。

論文などの学術的な英文を書くとき、この機能はすばらしく便利だ。まずざっと文章を書いて、それから見直しのときに、フォーマルな単語に置き換えていく作業が格段に楽になる。シソーラスを引く労力がゼロになるので、まったく億劫にならない。結果、フォーマルなボキャブラリーが増えていく気がする。

日本語にフォーマルな言葉とそうでない言葉があるように、英語にもそれはある。学術的な文章で使う言葉は、日常使う言葉とはまるで違う。日本の学校英語ではまず出会わないような言葉だ。

修士論文を書くときは、そういうフォーマルな言葉を意識して使っていきたいと思う。Word 2007のReviewリボンの左から三番目にありますので、気づいていなかった方は、どうぞ使ってみてください。
[PR]
by knj79 | 2010-03-02 06:32 | 英語 | Trackback | Comments(0)